センチュリー21レディスゴルフトーナメント

国内女子

ルーキー・小祝さくらがツアー初V王手 1打差に20歳アマ・ギルマン

ツアー初優勝に王手をかけた小祝さくら センチュリー21レディスゴルフトーナメント(2018)(2日目) 写真・佐々木啓
ツアー初優勝に王手をかけた小祝さくら センチュリー21レディスゴルフトーナメント(2018)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 小祝 さくら -3 -13
2 @クリスティン・ギルマン -5 -12
3 ユン・チェヨン -5 -11
4 カリス・デイビッドソン -4 -10
5T 木村 彩子 -6 -9
5T 全 美貞 -2 -9
7 新垣 比菜 -8 -8
8T 上田 桃子 -6 -7
8T サイ ペイイン -3 -7
10T テレサ・ルー -4 -6
<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2日目◇21日◇瀬田ゴルフコース 西コース(6,518ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」2日目の競技が終了し、初日に10アンダー・首位発進を決めたルーキー・小祝さくらがこの日4バーディ・1ボギーと3つ伸ばして、トータル13アンダー・単独首位でフィニッシュ。ツアー初優勝に王手をかけている。

スタートホールの1番で幸先よくバーディを奪った小祝だが、その後は伸ばしあぐねて、前半を1アンダーで折り返す。後半もパーでしのぎ続けると、15番パー4でようやくこの日2つ目のバーディを奪取する。その後上がり3ホールを2バーディ・1ボギーで締め、この日「69」。後続と1打差で最終日に臨む。

1打差2位にはアマチュア世界ランク8位の20歳、クリスティン・ギルマン(米国)。2打差3位に昨年大会2位タイのユン・チェヨン(韓国)が続いた。

地元・滋賀県出身の松田鈴英は「71」で回り、トータル2アンダー・32位タイで決勝へ。同じくルーキーの新垣比菜は「64」の猛チャージを展開し、トータル8アンダー・7位にジャンプアップしている。

約1ヶ月ぶりの出場となるキム・ハヌル(韓国)は上がり2ホールで連続バーディを奪取し、トータル1アンダー・41位タイで辛くも予選通過。今季5戦目の“セクシー・クイーン”アン・シネ(韓国)は後半3アンダーで浮上し、トータルイーブンパー・46位タイのカットライン上で今季2度目の決勝進出を果たしている。

【2日目の順位】
1位:小祝さくら(-13)
2位:クリスティン・ギルマン(-12)
3位:ユン・チェヨン(-11)
4位:カリス・デイビッドソン(-10)
5位T:木村彩子(-9)
5位T:全美貞(-9)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小祝さくらは辛くも単独首位キープ 終盤の踏ん張りに「頑張れたと思う」
・史上2人目の記録かかる20歳 米国アマ女王は「OBを打った記憶ない」曲がらない女
・瀬田の悲劇は繰り返さない 8頭身美女はパット調整でいざリベンジへ
・アン・シネは意地の4バーディで薄氷の予選通過 連日の“直ドラ”も

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ