ニッポンハムレディスクラシック

国内女子

テレサ・ルー、アン・ソンジュが首位で最終日へ 最終組若手3人は崩れる

アン・ソンジュと並び首位に立ったテレサ・ルー ニッポンハムレディスクラシック (2018)(2日目) 写真・鈴木祥
アン・ソンジュと並び首位に立ったテレサ・ルー ニッポンハムレディスクラシック (2018)(2日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T アン・ソンジュ -5 -8
1T テレサ・ルー -5 -8
3 川岸 史果 -5 -7
4 比嘉 真美子 -6 -6
5 成田 美寿々 -3 -5
6T 濱田 茉優 -3 -4
6T 穴井 詩 -2 -4
6T 酒井 美紀 -1 -4
9T 森田 遥 -3 -3
9T 鈴木 愛 -4 -3
<ニッポンハムレディスクラシック 2日目◇7日◇アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース(6,378ヤード・パー72)>

雨中で行われた国内女子ツアー「ニッポンハムレディス」2日目の競技が終了。ともに「67」とスコアを5つ伸ばしたテレサ・ルー(台湾)、アン・ソンジュ(韓国)がトータル8アンダー・首位タイに並んでいる。

1打差3位には今季初勝利を狙う川岸史果、2打差4位に比嘉真美子が続いた。昨年の賞金女王・鈴木愛はトータル3アンダー・9位タイで最終日に臨む。

6アンダー・単独首位から出たルーキー・勝みなみは「75」と3つ落とし、トータル3アンダー・9位タイに後退。勝とともに最終組を回った21歳の永井花奈、19歳の新垣比菜もともにトータル1アンダー・23位タイにスコアを落としている。

イ・ボミ(韓国)の専属キャディ、清水重憲氏とのタッグで挑んだルーキー・三浦桃香は、ノーバーディ・3ボギーの「75」と振るわず。トータル6オーバーでプロ初の2戦連続予選落ちを喫した。

【2日目の順位】
1位T:テレサ・ルー(-8)
1位T:アン・ソンジュ(-8)
3位:川岸史果(-7)
4位:比嘉真美子(-6)
5位:成田美寿々(-5)
6位T:穴井詩(-4)
6位T:酒井美紀(-4)
6位T:濱田茉優(-4)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・破損ドライバーの代わりが見つかった川岸史果 「なるべく稼ぎます!」
・比嘉真美子が突如感じた違和感「10ヤードくらい飛びすぎ」 さてその対処法は?
・7戦連続トップ3へ、鈴木愛は予選落ち危機から9位へ「天気荒れれば面白い」
・上田桃子は首痛のため練習Rなしも9位タイ浮上 「6割で打っています」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ