ニッポンハムレディスクラシック

国内女子

初の単独首位発進、勝みなみの強さを“数字”で検証!

勝みなみの強さを数々の数字が物語っている ニッポンハムレディスクラシック (2018)(初日) 写真・上山敬太
勝みなみの強さを数々の数字が物語っている ニッポンハムレディスクラシック (2018)(初日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 勝 みなみ -6 -6
2 永井 花奈 -5 -5
3 新垣 比菜 -4 -4
4T 福田 真未 -3 -3
4T 佐伯 三貴 -3 -3
4T テレサ・ルー -3 -3
4T アン・ソンジュ -3 -3
4T 酒井 美紀 -3 -3
9T 成田 美寿々 -2 -2
9T イ・ミニョン -2 -2
<ニッポンハムレディスクラシック 初日◇6日◇アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース(6,378ヤード・パー72)>

まさに若さあふれる猛攻撃だ。「ニッポンハムレディスクラシック」初日は、朝から冷たい風が吹き荒れ、7月とは思えない寒さに見舞われた。そんな厳しいコンディションのなか、単独トップに立ったのは勝みなみ。7月1日に20歳になったばかりの“黄金世代”の代表が、圧巻のゴルフを見せた。

「スタートから距離感が合っていなかったけど、4番くらいから合ってきて」と、6、7番で連続バーディ。9番でもバーディを奪うと、12番でボギーをたたくも、そこから上がり3連続を含む4バーディ。「66」をマークし、単独トップに立った。「パッティングがよかったです」と、ミドルレンジのパットをことごとく決めた。「とにかく力が入らないように、リズムを大切に」というパッティングが、勝の快進撃を支えた。

15歳でのアマチュア優勝から4年。今季はプロゴルファーとして初めてのフル参戦を果たしているが、すでにツアー5年目の“中堅”は、とにかく攻撃を緩めない。前半戦を終えてバーディ数が1位(189)。全17試合出場というのも理由の1つだが、18ホールでのバーディ率でも3位(3.566)と、攻めのゴルフがここまでの好結果に結びつく。ボギー以上をたたいた次のホールでバーディ以下を奪う「バウンスバック率」では堂々のトップ。「たまたまです」と謙遜するが、攻撃の手を緩めない勝を表すにはもってこいの指標だ。

加えて、この日も好調だったパッティングでは、平均パット(パーオンホールでのパット数)がパット女王の鈴木愛に次ぐ2位(1.7557)。1ラウンドの平均パット数でも2位(28.2264)と、とにかく攻めが必要なスタッツで上位に顔を出すのが勝の強さだ。

前半戦を終えて獲得賞金は約3200万円。このペースなら「1億も可能?」と投げかけられると、「現実的なところで5000万円を目指したいです」と、こちらも謙虚に目標を明かす。それでも「1億いきたいですけど、まず5000万がクリアできれば次は7000万、8500万と刻んでいきたいです(笑)」と、着実に階段を上げていく構えだ。すでに来季のシード権獲得は確実。ここからはさらに賞金を積み重ね、次のステップに踏み込むためにも、北の大地でみなみは勝つ!(文・高桑均)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・4年ぶり優勝に向け好発進、一ノ瀬優希が「一目ぼれ」したのはニューアイアン
・2位発進の“永井花奈流”ウェッジ&ウッド&UT選びはアマチュアの参考になる!?
・悪癖克服に光明!三浦桃香がつかんだパット術

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ