ヨネックスレディスゴルフトーナメント

国内女子

今年で16回目の出場の若林舞衣子 「必ず優勝争いをします」

写真右から青木瀬令奈、森田遥、若林舞衣子。そして司会の米山みどりと、同じく司会を務めたタレントの三波豊和さん
写真右から青木瀬令奈、森田遥、若林舞衣子。そして司会の米山みどりと、同じく司会を務めたタレントの三波豊和さん
6月1日(金)から第20回ヨネックスレディスが開催される。部隊は新潟県長岡市のヨネックスカントリークラブ。

昨夜、5月29日(火)。第20回大会を記念して「ヨネックスレディス オープニングトークショー」がJR長岡駅前のアオーレ長岡ナカドマで行われ、ヨネックス所属の若林舞衣子と森田遥、そして前年度大会優勝者の青木瀬令奈が今大会に向けての抱負を語った。

ヨネックスレディスに初出場したのは中学3年のとき、アマチュア時代だった若林は
「今年で16回目の出場ですが、未だ優勝できていません。優勝したい気持ちは年々強くなっています。大会が盛り上がるように、必ず優勝争いをします」と力強く語った。

今季からヨネックスと用具契約を結んだ森田遥は
「ヨネックスCCは戦略的で攻めがいのあるコース。とても楽しみにしています。今大会は、私のゴルフ人生の中で初めてのホステスプロとしての出場。試合を見てくださる方に楽しんでもらえるようなプレーをしたいと思っています」と静かに燃える闘志を表現。

そして前年度大会優勝者の青木瀬令奈は
「昨年の大会で初優勝を遂げることができ、忘れることのできない大会になりました。連覇は私にしかチャンスがありません。狙っていきたい気持ちはあります。でも、昨年は昨年。今年は今年です。意気込みすぎて空回りしないように、気をつけていきます」と慎重に攻める決意を語った。

本大会ではギャラリー向けのイベントとして、出場プロとツーショットの撮影ができるチャリティフォトサービス、優勝プロのサイン入りキャディバッグなどが当たるギャラリー抽選会、ヨネックスの新製品が体感できる試打会などが行われる予定。

また第20回大会を記念して、初日1500人、2日目4000人、最終日5000人のギャラリーに先着で記念キャップが進呈されるとのこと。

6月1日(金)の初日、第1組のスタートは午前7:30。ヨネックスCCに足を運んでみよう。

このトーナメントの事前情報

このトーナメントのニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ