リゾートトラスト レディス

国内女子

自身初の首位浮上 小橋絵利子が“ゆるまない”パットで最終日最終組へ

パターの握り方改善が奏功して首位に立った小橋 リゾートトラスト レディス(2018)(2日目) 写真・佐々木啓
パターの握り方改善が奏功して首位に立った小橋 リゾートトラスト レディス(2018)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 小橋 絵利子 -5 -9
1T 永峰 咲希 -4 -9
1T 岡山 絵里 -2 -9
4 カリス・デイビッドソン -2 -8
5T 鈴木 愛 -5 -7
5T 笠 りつ子 -5 -7
5T 勝 みなみ -3 -7
8T 福田 真未 -7 -6
8T 濱田 茉優 -5 -6
8T 一ノ瀬 優希 -4 -6
<リゾートトラスト レディス 2日目◇26日◇関西ゴルフ倶楽部(6,569ヤード・パー72)>

気が付けばレギュラーツアーで初めてリーダーボードの一番上に自分の名前があった。「リゾートトラスト レディス」2日目、小橋絵利子が5バーディ・ノーボギーの「67」と終始安定したゴルフで、トータル9アンダーと、レギュラーツアーでは自身初となる首位タイに浮上。永峰咲希、岡山絵里と共に最終日最終組に入った。

「今日はショットが良かった。かなりパーオンできたし、チャンスにつけることができました」。とはいえ、今日の真骨頂はパッティングにある。ピタリと付いた場面はほとんどなくワンピン程度の距離をことごとく決めたからだ。

そのパッティングは握り方を変えて良くなったもの。もともとグリップが緩むクセがあった小橋は、濱田茉優を指導している井上忠久氏から「右手と左手の間をもう少し空けたほうがいい」とアドバイスを受けた。

「そこで練習では本当にスプリット(両手を離して)に握ってパッティングしました。試合では指一本分くらい離す感じで握りました。そうしたら緩まなくなりましたね。だからカップの手前で切れていたボールがカップに届くようになりました」。そのパットで18番の5メートルを決めるなど、今大会バーディを量産している。

初めての最終組に「緊張するタイプです」と正直な気持ちを口にしたが、「平常心は無理だと思うけどパターもショットも悪くない。自信を持ってプレーしたい」と胸を張る。若く見えるが菊地絵理香やイ・ボミ(韓国)といった選手と同じ1988年生まれ。遅咲きの30歳は、気持ちを引き締めて未知なる戦いへと挑む。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ひざ痛を抱えつつも…今季4勝目のチャンス!鈴木愛は首位と2打差で最終日へ
・勝みなみがいよいよリミッター解除?「明日が楽しみ」
・意地のバーディ締め ルーキー・三浦桃香はギリギリで予選通過
・女子ツアーにも谷口徹の影響 笠りつ子が古閑美保から受けた言葉「執念が足りない」
・アン・シネは1打足りず予選落ち 3試合連続出場の収穫は?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ