中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン

国内女子

初優勝かかる小祝さくらが単独首位堅守「最終日は悔いの残らないようなプレーを」

単独首位で最終日に挑む小祝さくら 新垣に続く黄金世代今季2人の優勝はなるか 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン(2018)(2日目) 写真・米山聡明
単独首位で最終日に挑む小祝さくら 新垣に続く黄金世代今季2人の優勝はなるか 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン(2018)(2日目) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 小祝 さくら -1 -8
2T 穴井 詩 -4 -7
2T テレサ・ルー -2 -7
4T ペ・ヒギョン -4 -6
4T 上田 桃子 -2 -6
6 アン・ソンジュ -3 -5
7T カリス・デイビッドソン -4 -4
7T 一ノ瀬 優希 -1 -4
9T アン・シネ -2 -3
9T 権藤 可恋 -1 -3
<中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2日目◇19日◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(6,441ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」2日目。初日「65」を記録し、7アンダー・単独首位スタートを決めたルーキーの小祝さくらは、2バーディ・1ボギー「71」と1つスコアを伸ばし、トータル8アンダーに。首位を守って初優勝のかかる最終日を迎えることとなった。

笠りつ子、ささきしょうことともに最終組でティオフした小祝。前半は2バーディ・ノーボギーと順調にスコアを伸ばしたが、後半は風の影響でしのぐ展開に。「パーを獲ることだけを意識していました」と14番まではノーボギーを続けたが、15番パー3では今大会初のボギーを喫してしまう。だが、ラインを読み違いによる予期せぬ3パットも「ダメージはあまりなかった」と、上がり3ホールはパーを並べた。「後半でノーバーディだったのが悔しい」と反省を口にしたものの、首位を譲らず、完全優勝に王手をかけた。

表情を変えずに淡々とプレーするのが売り。「ゴルフで緊張したのは…アマチュアとして初めてプロツアーに出場したmeijiカップ初日のティショットくらいですね」と心がブレないタイプ。「最近は、素振りでスイングリズムが速くなってしまう傾向があるので、そこを気をつけたい」と自身の陥る傾向もしっかりと把握している。

2017年の「北海道meijiカップ」でプロデビュー後、首位で最終日を迎えるのは初。「最終日なので思い切って自分らしいプレーを。悔いの残らないように」。新垣比菜に続く、”黄金世代”今季2度目の栄冠は完全優勝で達成となるか。(文・標英俊)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・上田桃子、大会連覇へじわり…強者の思考が生んだ”ゆとり”
・セクシークイーンが今季初の予選突破!アン・シネは9位Tで決勝Rへ
・穴井詩、”6年間連れ添った相棒”の変わりはなかなか見つからず?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ