中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン

国内女子

ささきしょうこが3位タイの好位置に

ささきしょうこ、この大会初の予選突破なるか 中京テレビ・ブリヂストンレディス(2018)(初日) 写真・米山聡明
ささきしょうこ、この大会初の予選突破なるか 中京テレビ・ブリヂストンレディス(2018)(初日) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 小祝 さくら -7 -7
2 笠 りつ子 -6 -6
3T ささき しょうこ -5 -5
3T テレサ・ルー -5 -5
5T 酒井 美紀 -4 -4
5T 大江 香織 -4 -4
5T 柏原 明日架 -4 -4
5T 上原 美希 -4 -4
5T 菊地 絵理香 -4 -4
5T 野澤 真央 -4 -4
中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン初日、プロ3年目のささきしょうこが5バーディ、ノーボギーの「67」で回り、首位と2打差の3位タイで発進した。ささきはこの大会にアマチュア時代から出場しているが、一度も予選を通過したことがないという。コースへの苦手意識はないものの、ショットがよくてもパットを決めきれず初日にオーバーパーと出遅れるケースが多かった。

「なんでみんなアンダーを出せるんだろうって思っていました。それを考えたら、初日に5つ出せたのは上出来ですね」

好発進のもうひとつの理由は1ヶ月ぶりに岡本昭重コーチが見にきてくれたこと。ささきは開幕以来、休みを入れておらず無意識のうちにスイングに乱れが出ていたという。

「休みを入れていない分、疲れがたまってきていて。気づかないうちに乱れていたスイングをコーチに修正してもらいました。やっと今日は久しぶりに気持ちよく振れたなって感じです」

連戦で下半身に疲れが出て、上体の起き上がりが早くなって振り遅れていたという。

「アイアンの当たりが薄いことが多かったんです。しっかり上から打ち込めるよう、アドレスしたときのままベルトがしっかり地面を向くようにフィニッシュまで持っていくという意識で振るように練習しました。そうしたら全体的によくなってきましたね。今日はアイアンのタテ距離のブレも少なくなった分、ピンを狙っていきやすかったです」

アイアンにキレが戻ったことで、この大会初の予選突破はもちろん、2016年の「大東建託・いい部屋ネットレディス」以来の優勝も狙えそうだ。

大会2日目、ささきは小祝さくら、笠りつ子と同組で9:33にティオフする。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ