ほけんの窓口レディース

国内女子

女王・鈴木愛が初の大会連覇&完全V達成 菊地絵理香は1打及ばず

女王・鈴木愛が完全優勝で連覇を飾った ほけんの窓口レディース(2018)(最終日) 写真・上山敬太
女王・鈴木愛が完全優勝で連覇を飾った ほけんの窓口レディース(2018)(最終日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 鈴木 愛 E -8
2T アン・ソンジュ -4 -7
2T 菊地 絵理香 E -7
4 有村 智恵 -4 -6
5T 金澤 志奈 -3 -5
5T 柏原 明日架 -3 -5
5T 原 江里菜 -1 -5
5T 比嘉 真美子 E -5
9T 新垣 比菜 -2 -4
9T テレサ・ルー +1 -4
<ほけんの窓口レディース 最終日◇13日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,292ヤード・パー72)>

強い雨が降りしきる中で行われた国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」最終日の競技が終了し、後続と1打差の首位でスタートした昨年覇者・鈴木愛が3バーディ・3ボギーの「72」とイーブンで回り、トータル8アンダーで逃げ切りV。初日から首位を守り切り、自身初の大会連覇を完全優勝で飾った。

菊地絵理香と首位に並んで後半を迎えた鈴木は、12番、15番でボギーを叩くなど後半は苦しいゴルフに。しかし、菊地とトップタイで迎えた最終18番、1.5mのバーディパットをカップのど真ん中から決めてガッツポーズ。1打差で辛くも逃げ切り、今季3勝目、ツアー通算8勝目を挙げた。

ここぞの1打で勝負を決めた鈴木は、「今日はダメだと思っていましたが、我慢のプレーができました。最後に自分の順番が来た」と笑顔を見せた。

菊地は今季初勝利、自身初の逆転優勝がかかっていたが、後半は2オーバーと失速。1打差で涙を飲んだ。

1打差の2位タイに菊地とアン・ソンジュ(韓国)、2打差4位に有村智恵が入った。

【最終結果】
優勝:鈴木愛(-8)
2位T:菊地絵理香(-7)
2位T:アン・ソンジュ(-7)
4位:有村智恵(-6)
5位T:柏原明日架(-5)
5位T:原江里菜(-5)
5位T:金澤志奈(-5)
5位T:比嘉真美子(-5)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・上がり3ホールでスルリ…菊地絵理香、今季3度目の惜敗に「練習しかない」
・有村智恵が2012年以来のトップ5入り!「いつ以来か覚えていません(笑)」
・イ・ボミが4年連続ベストスマイル&ドレッサーW受賞 スマイル次点に三浦桃香、ドレッサー次点にアン・シネ
・昨年9月以来の54ホール完走 大山志保は「悔しさがでてきたことが収穫」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ