KKT杯バンテリンレディスオープン

国内女子

比嘉真美子が今季初優勝 4打差逆転でツアー4勝目

逆転で今季初勝利を手にした比嘉真美子 KKT杯バンテリンレディスオープン(2018)(最終日) 写真・上山敬太
逆転で今季初勝利を手にした比嘉真美子 KKT杯バンテリンレディスオープン(2018)(最終日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 比嘉 真美子 -6 -6
2 成田 美寿々 -1 -5
3T ささき しょうこ -4 -4
3T 権藤 可恋 -1 -4
5T 葭葉 ルミ -1 -3
5T フェービー・ヤオ -1 -3
5T 藤田 さいき +1 -3
8T 勝 みなみ -4 -2
8T 大城 さつき -3 -2
8T 永峰 咲希 -2 -2
<KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日◇15日◇熊本空港カントリークラブ (6,428ヤード・パー72)>

国内女子ツアー第7戦「KKT杯バンテリンレディスオープン」最終日の競技が終了。4打差の12位タイから出た比嘉真美子が7バーディ・1ボギーの「66」と猛チャージを見せ、トータル6アンダーで逆転優勝。今季初勝利、ツアー通算4勝目を挙げた。

1打差2位に成田美寿々、2打差3位タイに権藤可恋、ささきしょうこが入った。

1打差4位タイから出たルーキー・三浦桃香はノーバーディ・5ボギー・1ダブルボギーの「79」と崩れ、トータル4オーバー・34位タイ。今季初のトップ10入りを目指したイ・ボミ(韓国)はトータル2オーバー・24位タイだった。

地元・熊本でツアー通算51勝目を狙った不動裕理はトータルイーブンパー・16位タイで大会を終えている。

【最終結果】
優勝:比嘉真美子(-6)
2位:成田美寿々(-5)
3位T:権藤可恋(-4)
3位T:ささきしょうこ(-4)
5位T:葭葉ルミ(-3)
5位T:藤田さいき(-3)
5位T:フェービー・ヤオ(-3)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・三つ巴から惜敗の2人 成田美寿々「比嘉ちゃんがすごかった」葭葉ルミ「しょうがない」
・不動裕理は7年ぶり優勝ならず 次はキャリアグランドスラムに挑む
・3度目の正直ならずの三浦桃香 不動裕理に「やめて」と言われたことって?
・最終ホールで“これ!” イ・ボミは石川遼効果で「ショットは50%以上になった」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ