KKT杯バンテリンレディスオープン

国内女子

葭葉ルミが3アンダーで首位発進 今季初戦のアン・シネは大きく出遅れ

首位発進の葭葉ルミ 2016年以来の2勝目に向け好スタートを切った KKT杯バンテリンレディスオープン(2018)(初日) 写真・上山敬太
首位発進の葭葉ルミ 2016年以来の2勝目に向け好スタートを切った KKT杯バンテリンレディスオープン(2018)(初日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 葭葉 ルミ -3 -3
2T 小楠 梨紗 -2 -2
2T 永峰 咲希 -2 -2
4T フェービー・ヤオ -1 -1
4T 藤田 さいき -1 -1
4T 権藤 可恋 -1 -1
4T 土田 沙弥香 -1 -1
4T 比嘉 真美子 -1 -1
4T ユン・チェヨン -1 -1
4T 成田 美寿々 -1 -1
<KKT杯バンテリンレディス 初日◇13日◇熊本空港カントリークラブ(6,428ヤード・パー72)>

国内女子ツアー第7戦「KKT杯バンテリンレディス」が13日(金)に開幕。初日の競技を終え、葭葉ルミが3バーディ・ノーボギーの「69」で回り単独首位に立った。前週の「スタジオアリス女子オープン」で2位に終わった葭葉が、2016年「ニッポンハムレディス」以来のツアー2勝目に向け好スタートを切った。1打差の2位に小楠梨紗、永峰咲希が続いている。

地元出身の上田桃子、有村智恵と、今季ツアー初戦のアン・シネ(韓国)がラウンドした注目組は、上田と有村が1バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「76」で63位タイと大きく出遅れ。シネもノーバーディ・3ボギー・1ダブルボギーの5オーバー・「77」、73位タイで初日を終えた。

昨年の賞金女王・鈴木愛は3バーディ・2ボギーの「71」で4位タイ。復調を目指す2015、16年賞金女王のイ・ボミ(韓国)は2バーディ・5ボギーの「75」、3オーバー・39位から2日目をスタートする。

また、この日のラウンドでは2人の選手がホールインワンを記録。13番で達成した土田沙弥香は1アンダー・4位タイ。3番で記録した小祝さくらが1オーバー・19位タイにつけた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・葭葉ルミから学ぶ、“1Wが練習できないとき”の対処法
・日本人2人目の偉業へ好発進も…鈴木愛は「フラストレーションが溜まる」
「相乗効果ある」永峰咲希、黄金世代のツアーでの活躍を歓迎
・地元の雄が、昨年覇者が、元世界1位まで…実力者たちが軒並み出遅れ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ