KKT杯バンテリンレディスオープン

国内女子

「準備は万全」 上田桃子が昨年の雪辱を果たす

前週のスタジオアリス女子オープンを休み、今週開催のKKT杯バンテリンレディスオープンに照準を合わせて万全の調整をしてきた上田桃子(右)。今週は、コーチの辻村明志(中)がキャディを務める。左は上田と共に辻村がコーチをする小祝さくら
前週のスタジオアリス女子オープンを休み、今週開催のKKT杯バンテリンレディスオープンに照準を合わせて万全の調整をしてきた上田桃子(右)。今週は、コーチの辻村明志(中)がキャディを務める。左は上田と共に辻村がコーチをする小祝さくら
いよいよ明日から、KKT杯バンテリンレディスオープンが、熊本空港CCで開催される。注目はなんといっても、熊本出身の上田桃子だ。

昨年の本大会でプレーオフに敗れ、地元での勝利をつかみ損ねた上田。「今年こそは」との思いを強く抱いているであろう上田は、前週のスタジオアリス女子オープンには出場しなかった。地元熊本開催の本大会に照準を合わせ、しっかりと調整に励んだという。

調整では、何をポイントにスイングをチェックしているのだろう?

上田が昨年来、取り組んできたのはヘッドを低く入れてボールを長く押すインパクト。その場でクルンと回転しつつ、インパクトでは浅くシャローにヘッドを入れるスイングだ。体への負担が少なく、ボールに効率よくパワーが伝えられる。

「アイアンもドライバーも同じです。ヘッドを低く入れて、ボールがフェースに乗る時間を長くしてパワーを伝えたい。そのためには低重心のスイングが大切です。ドライバーはアッパーにボールをとらえたいといわれますが、結果アッパーになるのであって、ヘッドを低く入れることが大事。ダウンスイングでアッパー体勢をつくってしまうアマチュアの方が多くみられますが、ダウンスイングはあくまでも下に向かって振っていく動作です。右サイドでアッパーをつくってしまったら、ボールに大きなパワーは伝えられません。
一方アイアンはダウンブローに上からボールをとらえたいといいますが、やはりヘッドを低く入れてボールを押す時間を長くしたい。そのためには左肩を支点に左腕を長く使って振り下ろします。上田にも同じようにアドバイスをしています」と話すのは、上田のコーチを務める辻村明志。

王貞治に一本足打法を伝授したコーチとして有名な故・荒川博氏との出会いから、ボールに大きなパワーを伝える新たな発想を得た上田と辻村が導き出したスイング論がそこにはある。
一つ年を重ねるごとに体は変化する。クラブも年々進化する。それらを踏まえて、その先にあるスイングを探し求めるのがツアーで戦うプロゴルファーだ。上田桃子はストイックに最善のスイングを探し求め、ゴルフの道を歩んでいる。

今週、コースを歩く上田の顔には自信がみなぎっていた。そして「昨年、熊本空港CCに置き忘れたものを取りにいきます」と、話した。昨年、プレーオフでまさかの敗退を喫した雪辱を、今年は必ず晴らしてくれることだろう。

明日初日、上田桃子は10:10アウトコースのスタート。同伴プレーヤーは、アン・シネと有村智恵。注目の第14組だ。

※上田桃子がいう「ヘッドを低く入れて、ボールを長く押すインパクト」は、週刊パーゴルフのレッスンページで詳しく紹介します。乞う、ご期待です。

このトーナメントのニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ