ヤマハレディースオープン葛城

国内女子

永井花奈がツアー初エースで首位発進!「目を離したら“入った”と言われてびっくり」

永井花奈、ツアー2勝目に向けて最高のスタートを切った ヤマハレディースオープン葛城(2018)(初日) 写真・米山聡明
永井花奈、ツアー2勝目に向けて最高のスタートを切った ヤマハレディースオープン葛城(2018)(初日) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 永井 花奈 -4 -4
2T 青木 瀬令奈 -3 -3
2T 全 美貞 -3 -3
4T 酒井 美紀 -2 -2
4T 菊地 絵理香 -2 -2
4T 永峰 咲希 -2 -2
7T 岡山 絵里 -1 -1
7T 武尾 咲希 -1 -1
7T 笠 りつ子 -1 -1
7T 申 ジエ -1 -1
<ヤマハレディースオープン葛城 初日◇29日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(6,564ヤード・パー72)>

今季2度目の4日間大会「ヤマハレディース」が29日(木)に開幕。その初日、昨季プロ初勝利を挙げた永井花奈が、1イーグル・4バーディ・2ボギーの「68」で単独首位発進を決めた。

白眉はいきなりやってきた。インスタートの出だしの10番で1.5mのバーディパットを沈めて迎えた11番パー3(146ヤード)。8番アイアンを手に放たれた打球は、ピン左手前に着弾すると左からの傾斜に乗りカップへ一直線。ギャラリーの「入れー」の声も後押しし、そのまま収まりホールインワンとなった。

「グリーンが太陽に反射して光っていたのであまり見えていなくて、“いいところに飛んだな、大丈夫”と思って目を離したら、ギャラリーの方から“入った”と言われてびっくりしました」と残念ながらカップインの瞬間は見られず。とはいえ、開始2ホールで一気に3つ伸ばした勢いそのままに、前半でバーディをもう1つ重ねると、後半はイーブンにまとめてホールアウト。初日から頭一つ抜け出した。

ホールインワンはツアーでは初めて。「1度目はアマチュア時代の関東女子アマで、2度目はQTのときです。プライベートではしたことなくて、ホールインワンは全部試合ですね」。ツアーで最初の一撃が、アンジュレーションがきつく、多くの選手が「固くて止まらない。難しい」と話す葛城ゴルフ倶楽部というのは面白い。

今季の目標はもちろんツアー2勝目。「去年に優勝した大会は(台風の影響で)2日間で終わってしまったので、心残りがあります。3日間なり4日間なり、しっかり最後までやって勝ちたい。優勝することしか考えてないです」。幸運も味方につけて、このままポールトゥウィンといきたい。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・3試合連続の最終日最終組に黄信号 三浦桃香は好発進の同組2人に付いていけず
・ユン・チェヨンが意外な真相を告白「あのとき日本に来る気はなかった」
・パッティングが劇的に改善!青木瀬令奈が取り組んだ藤田寛之の練習法

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ