アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI

国内女子

ガマンの末に出た「生まれて初めて」のガッツポーズ!三浦桃香、日本人プロ転向最速Vなるか

単独首位で最終日へ 日本人プロ転向後最速Vタイ記録なるか アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI(2018)(2日目) 写真・村上航
単独首位で最終日へ 日本人プロ転向後最速Vタイ記録なるか アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI(2018)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 三浦 桃香 -4 -10
2 ペ・ヒギョン -5 -9
3T 森田 遥 -5 -8
3T 比嘉 真美子 -4 -8
3T 葭葉 ルミ -2 -8
6T 原 英莉花 -4 -7
6T 新垣 比菜 -4 -7
6T 小倉 ひまわり -2 -7
6T 佐伯 三貴 -1 -7
10T 一ノ瀬 優希 -3 -6
<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2日目◇23日◇UMKカントリークラブ(6,505ヤード・パー72)>

「私、本来はスロースターターなんですよね」。初日に首位タイ発進を決めたあと、困惑したような笑みを浮かべた三浦桃香。大会3日間で見れば、初日からエンジン全開だが、プレーを見れば波に乗り始めたのは、初日も2日目も後半だった。

「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」2日目、「前半は、また悔しい。入ったと思ったら外れたり。ショットもパットも残念な部分がたくさんありました」とパーが続いた。ようやく流れが来たのは8番・パー5。ギャラリーからも「入れ、入れ!」と声援が飛ぶ中、5メートルのバーディパットを沈めると「生まれて初めてガッツポーズしました。ガッツポーズってどうやるかわからなかったんですけど(笑)。ずっとガマンしてのバーディだったので、自然と出ました」。

そのまま勢いに乗って、後半1ホール目でイーグルを奪取。1イーグル・3バーディ・1ボギーの「68」で、気づけばトータル10アンダーの単独首位に立った。それでも「優勝は意識していません。まだプロ4戦目ですし、まずはスコアを落とさないこと。緊張して手が震えるなら、しっかりと仕切りなおして、1打を大事にしたいです。それで優勝できたら、普段以上に自分を褒めたいと思います」と謙虚な姿勢は変わらない。“スロースターター”を自負する三浦だが、このまま優勝まで駆け抜けて、人生2度目のガッツポーズを表彰台で見られるか。

なお、今大会で三浦が優勝した場合、1988年のツアー制施行後の、プロ転向4戦目優勝(宮里藍、佐伯三貴)と並ぶ日本人最速タイ記録となる。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「諦めたら試合をする意味がない」イ・ボミが先輩の金言で復活の兆し!
・小倉ひまわりの夢が実現!運も味方につけて優勝まで「チャンスじゃない!?」
・ジャンボ自ら削ったウェッジが光った!「絶対バーディ獲ってやる!」原英莉花が受け継いだ魂

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ