ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント

国内女子

女王・鈴木愛が単独首位 イ・ボミは5年ぶり開幕戦予選落ち3差7位T

「66」で単独首位に躍り出た鈴木愛 ダイキンオーキッドレディス(2018)(2日目) 写真・米山聡明
「66」で単独首位に躍り出た鈴木愛 ダイキンオーキッドレディス(2018)(2日目) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 鈴木 愛 -6 -8
2T 川岸 史果 -2 -7
2T 李 知姫 -5 -7
4 諸見里 しのぶ -3 -6
5T イ・ミニョン -5 -5
5T ペ・ヒギョン -1 -5
7T 森田 遥 +1 -4
7T 藤田 さいき -4 -4
7T 岡山 絵里 -3 -4
7T キム・ヘリム -7 -4
<ダイキンオーキッドレディス 2日目◇2日◇琉球GC(6,558ヤード・パー72)>

沖縄県の琉球GCで行われている国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の2日目。全選手がこの日の競技を終え、昨年の賞金女王・鈴木愛が6バーディ・ノーボギーの「66」でラウンドし、トータル8アンダー・単独首位で大会を折り返した。

1打差2位に川岸史果と李知姫(韓国)、2打差4位に地元・沖縄出身の諸見里しのぶが続いた。

鈴木、畑岡奈紗と同組で回ったイ・ボミ(韓国)はこの日2バーディ・4ボギーとスコアを2つ落とし、トータル2オーバー・58位タイでフィニッシュ。カットラインに1打届かず、2013年以来となる5年ぶりの開幕戦予選落ちを喫した。

畑岡はキム・ハヌル(韓国)、葭葉ルミらと並び、トータル2アンダー・16位タイで決勝ラウンドに進出。2013年大会覇者の森田理香子は、カットライン上のトータル1オーバー・47位タイで辛くも予選を通過している。

【2日目までの順位】
1位:鈴木愛(-8)
2位T:川岸史果(-7)
2位T:李知姫(-7)
4位:諸見里しのぶ(-6)
5位T:ペ・ヒギョン(-5)
5位T:イ・ミニョン(-5)
7位T:森田遥(-4)
7位T:申ジエ(-4)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・首位に浮上できたのも…、女王・鈴木愛が気づいた“無事之名馬”
・開幕戦に“当日決断のクラブで上位進出 状態良好の諸見里しのぶは世界一位に続けるか
・イ・ミニョンが日本で初めての“一人暮らし”開始 賞金女王へ準備着々?
・憧れはミシェル・ウィー 170cmの高校2年生アマが今大会の台風の目!?
・元天才少女の高橋恵、今日は足踏みイーブンパー・31位タイへ後退

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ