TOTOジャパンクラシック

国内女子

畑岡奈紗、鈴木愛ら首位発進 トップに7人が並ぶ大混戦

地元で貫禄の首位発進を決めた畑岡奈紗 TOTOジャパンクラシック(2017)(1日目) 写真・米山聡明
地元で貫禄の首位発進を決めた畑岡奈紗 TOTOジャパンクラシック(2017)(1日目) 写真・米山聡明

リーダーズボード

<TOTOジャパンクラシック 初日◇3日◇太平洋クラブ 美野里コース(6,608ヤード・パー72)>

日本で唯一行われる米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」が茨城県の太平洋クラブ 美野里コースにて本日より開幕。全選手が初日の競技を終え、地元・茨城出身の畑岡奈紗が6バーディ・ノーボギーの“66”をマークし、6アンダー首位タイ発進を決めている。

同じく首位には国内賞金ランク2位の鈴木愛、昨年覇者のフォン・シャンシャン(中国)、藤田さいき、イ・ミニョン(韓国)、リセット・サラス、ジェーン・パーク(ともに米国)、1打差8位タイにユン・チェヨン(韓国)ら3人が続いた。2打差以内に23人がひしめく大混戦となっている。

世界ランク1位の柳簫然(ユ・ソヨン、韓国)は4アンダー11位タイ。大会3勝目を狙う上田桃子は3アンダー24位タイで初日を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・渡邉彩香が“足りなかった”自信回復 最終戦出場へ好発進
・鈴木愛とイ・ミニョンが首位タイ発進 “ハヌル”の居ぬ間に奪首なるか

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ