NOBUTA GROUP マスターズGCレディース

国内女子

藤本麻子が単独首位で大会折り返し 畑岡奈紗は2差に後退

ビッグスコアで単独首位に躍り出た藤本麻子 NOBUTA GROUP マスターズGCレディース(2017)(2日目) 写真・鈴木祥
ビッグスコアで単独首位に躍り出た藤本麻子 NOBUTA GROUP マスターズGCレディース(2017)(2日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 藤本 麻子 -7 -8
2 申 ジエ -4 -7
3T 笠 りつ子 -3 -6
3T 畑岡 奈紗 -3 -6
3T 上田 桃子 -7 -6
6T 大江 香織 -4 -5
6T 大城 さつき -2 -5
8T 原 江里菜 -3 -3
8T 有村 智恵 -1 -3
8T 小橋 絵利子 -1 -3
<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2日目◇20日◇マスターズゴルフ倶楽部(6,507 ヤード・パー 72)>

国内女子ツアー「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」の2日目。全選手がこの日の競技を終え、8バーディ・1ボギー“65”のビッグスコアを叩き出した藤本麻子がトータル8アンダー単独首位に立っている。

1打差2位に2009年大会覇者・申ジエ(韓国)、2打差3位タイに今季3勝目を狙う18歳・畑岡奈紗、“65”で急浮上した上田桃子、笠りつ子が続いている。

ホステスのイ・ボミ(韓国)はスコアを1つ伸ばし、トータル2アンダー17位タイ。賞金ランク1位のキム・ハヌル(韓国)はトータル3アンダー8位タイと上位につけた。

また、ハヌルと約300万円差で賞金ランク2位につける鈴木愛はトータル6オーバー84位タイと振るわず、予選で姿を消した。4週ぶりの日本ツアー出場となったアン・シネ(韓国)は体調不良のため、第2ラウンドスタート前に棄権している。

【2日目までの順位】
1位:藤本麻子(-8)
2位:申ジエ(-7)
3位T:畑岡奈紗(-6)
3位T:上田桃子(-6)
3位T:笠りつ子(-6)
6位T:大江香織(-5)
6位T:大城さつき(-5)
8位T:キム・ハヌル(-3)
8位T:有村智恵(-3)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ