大東建託・いい部屋ネットレディス

国内女子

“疲れた”アン・シネ今季2度目の予選落ち 次戦には「いいコンディションで戻ってきます」

今季2度目の予選落ちとなったアン・シネ 大東建託・いい部屋ネットレディス(2017)(2日目) 写真・上山敬太
今季2度目の予選落ちとなったアン・シネ 大東建託・いい部屋ネットレディス(2017)(2日目) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 濱田 茉優 -4 -10
2 成田 美寿々 -7 -9
3T 川満 陽香理 -7 -8
3T 前田 陽子 -1 -8
5T 小橋 絵利子 -4 -7
5T 岡山 絵里 -3 -7
5T 大江 香織 -3 -7
5T @古江 彩佳 -4 -7
5T 藤田 さいき -4 -7
10T 権藤 可恋 -1 -6
<大東建託・いい部屋ネットレディス 2日目◇28日◇鳴沢ゴルフ倶楽部(6,587ヤード・パー72)>

日本ツアーに2週間ぶりに復帰したアン・シネ(韓国)だったが、この日は1バーディ・4ボギーの“75”。トータル1オーバーの78位タイに沈み、今季日本ツアー出場6戦目で2回目の予選落ちとなった。

黒の半袖に黒のミニスカートというオールブラックの出で立ちで2日目のラウンドに臨んだシネ。スタートホールとなった10番パー5では、ティショット、セカンドとフェアウエーをキープ。約80ヤード残った3打目をピンそば1.5メートルにピタリと寄せ“おはようバーディ”。幸先の良いスタートを切った。

しかし、先週出場した韓国ツアーやそれに伴う移動の影響から、「最初から(体の)コンディションが良くなかった」と話すように、その後は「集中力がないなかでのラウンド」に。15番、16番、18番とボギーを重ねて、イーブンパーまでスコアを落としてしまう。後半に入ると、「1アンダーぐらいだろう」と予想した予選通過ラインを突破するため、「バーディを取ろう」と目標を立ててプレーしたものの、最終9番で痛恨のボギーを叩きジ・エンド。今年5月の「ほけんの窓口レディース」以来となる予選落ちとなった。

今季日本ツアーに初参戦して2回目となる予選落ちについては、「これまでの3週間で休みなく走ってきたので、ショット感や集中力が途切れてしまいうまくいかなかった」と反省しつつも、「これも疲れた体に休みをあげなさいというサインなのかも」と前向きなコメントも。

次に出場を予定している「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」(8月11日開幕)に向けては、「韓国に帰るが忙しいスケジュールが入っていて休めない」と困った表情を浮かべたが、すぐに「(韓国で)おいしいものをたくさん食べて、トレーニングをしっかりして、いいコンディションで日本に戻ってきます」といつもの明るい笑顔で話した“セクシークイーン”。2週間後の試合では、これまで同様ファンに元気な姿を見せてくれることだろう。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・“予選落ち地獄”を完全脱出した高木萌衣 3週連続の決勝で狙うは自己最高の“トップ10”
・川満陽香理“淡々”プレーでビッグスコア 狙うはミセスでのツアー初優勝
・「2日連続は初めて」好スコア連発の濱田茉優が単独首位に
・初日コースレコードのキム・ハヌルが失速…「あしたは頑張る!」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ