センチュリー21レディスゴルフトーナメント

国内女子

成田美寿々が首位タイ発進!“守りつつの攻め”が奏功

マネジメントが大成功 成田美寿々が今季初の首位発進 センチュリー21レディス(2017)(初日)(写真・佐々木啓)
マネジメントが大成功 成田美寿々が今季初の首位発進 センチュリー21レディス(2017)(初日)(写真・佐々木啓)

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T イ ナリ -5 -5
1T 成田 美寿々 -5 -5
3T 永井 花奈 -4 -4
3T 葭葉 ルミ -4 -4
3T 木戸 愛 -4 -4
6T カン・スーヨン -3 -3
6T ユン・チェヨン -3 -3
6T 穴井 詩 -3 -3
6T 金田 久美子 -3 -3
6T 西山 ゆかり -3 -3
<センチュリー21レディス 初日◇21日◇瀬田ゴルフコース 西コース(6,567ヤード・パー72)>

21日(金)に開幕した「センチュリー21レディス」。その初日、トーナメント初開催となる瀬田ゴルフコース 西コースで成田美寿々が5バーディ・ノーボギーの“67”を叩き出し、イ・ナリ(韓国)と並ぶ5アンダーで首位発進を決めた。

スタート前からの狙いが的中した。「上位で戦っている選手はパーオン率が高いし、初開催のコースだからスコアも読めない。だから今週はグリーンに乗せることを意識して、毎日3アンダー位を出せるようにしよう」。1番から出ると、グリーンを外したのはわずかに2回。「たまに危ないパーパットもあったけど、全体的にはそつなくできた」と安定したゴルフに加え、16番では13mを沈めて見せるなどパターも冴え渡り、リーダーボードの頂点に立った。

成田と言えば代名詞は攻撃的なゴルフ。今回の戦略はある意味で自分のスタイルと反するように思える。だがそうではない。「パーオンを意識すると言っても、グリーンの大きい方から曲げて行って、しっかり曲がればチャンス。例え曲がりが弱くても乗せて2パットというイメージ。だから(攻めれないという)ストレスはないですよ」。ピンをデッドに狙っているわけではないが、積極性を忘れたわけでもない。

「今の状態で言えば“絶好調”ではないけれど、5アンダーを出せたのは自信になる。こういうゴルフをしていけばいつかは自分の番が来ると思っています」。2015年以来の頂点へ、明日も“守りつつの攻め”を貫く。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)
・どうしても欲しかったけど… 金田久美子は「初めてのガマン」で好発進
・「いつかは入ると思って」イ・ボミが我慢のゴルフで3打差発進
・三ヶ島かな、300万円を超える“人生最大のお買い物”でバーディフィニッシュ!
・全米帰りの葭葉ルミが1打差3位発進 冴えたのは世界一の飛距離ではなく…

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ