ニッポンハムレディスクラシック

国内女子

アン・シネ“66” 2位タイ発進「ウェア、外見だけでなくプレーでも」差にアン・シネ、堀琴音ら

4試合目にして本領発揮!このまま初勝利まで突っ走れるか アン・シネ ニッポンハムレディスクラシック(2017)(初日)写真・鈴木祥
4試合目にして本領発揮!このまま初勝利まで突っ走れるか アン・シネ ニッポンハムレディスクラシック(2017)(初日)写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 大山 志保 -7 -7
2T アン・シネ -6 -6
2T 堀 琴音 -6 -6
2T 上田 桃子 -6 -6
2T イ・ミニョン -6 -6
6T 柏原 明日架 -5 -5
6T 服部 真夕 -5 -5
6T 有村 智恵 -5 -5
6T 菊地 絵理香 -5 -5
10T 新海 美優 -4 -4
<ニッポンハムレディスクラシック 初日◇7日◇アンビックス函館倶楽部 上磯ゴルフコース(6,362ヤード・パー72)>

 これまで日本ツアー参戦3試合は"ビジュアル先行"で注目を集めていたアン・シネ(韓国)だったが、4戦目となる「ニッポンハムレディスクラシック」初日に7バーディ・1ボギー"66"を叩き出し、首位と1打差2位タイ。試合前日からショットの好調さを口にしていたが、初の上位発進となった。

 試合後は「点数を挙げるなら90点」と満足した表情を見せたシネ。今大会はメディア取材をセーブし、調整に本腰。「日本ツアーではルーキーにもかかわらず、良くも悪くも高い注目度で迎えてもらいましたが、負担もありました。選手なのでウェア、外見だけを注目されるとしたら、それは残念。それだけにリーダーボードの上位に名を連ねたことは、私が想定していた時期より早いですが、嬉しいです」と、準備が実った好結果だけに充実感が滲む。

 もちろん魅せることも忘れない。初日の装いは情熱的な赤。選考理由は「赤は情熱的な色。毎日情熱を持って過ごしたいので」といい、強い日差しのなか、扇子を仰ぐさまはクールに決まる。

 2日目は大山志保、堀琴音とともに初の最終組。「初日と同じくらいのスコアが出せればいいですが、あと2日間あるので、3アンダーを目標に頑張ります」。3日間上位で大会を戦い抜けば、"セクシー・クイーン"のイメージだけなくではなく、"韓国ツアー3勝の実力者、本領発揮"と認知されるだろう。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)
ALBA.Net関連記事
・アン・シネ、2度の3連続バーディで会心6アンダー!「今日は90点をあげられる」
・8バーディ奪取の大山志保が単独首位発進!1差にアン・シネ、堀琴音ら
・大山志保、好発進の理由は「3人で15バーディ」の約束?
・「あの頃の自分自身には戻れないけど…」有村智恵が呼び覚ましたい“遊びゴコロ”
・堀琴音、好調維持の2位発進「後半戦では絶対勝つ」
・上田桃子 6アンダー・2位T発進!オフのパター重視練習が奏功

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ