アース・モンダミンカップ

国内女子

単独首位発進のキム・ハヌル 絶好調へつながる“コース外”の変化

今季初の首位発進を決めたキム・ハヌル、好調の要因とは? アース・モンダミンカップ(2017)(初日) 写真・佐々木啓
今季初の首位発進を決めたキム・ハヌル、好調の要因とは? アース・モンダミンカップ(2017)(初日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・ハヌル -6 -6
2T 青木 瀬令奈 -5 -5
2T 下川めぐみ -5 -5
4T 松森 彩夏 -4 -4
4T 武尾 咲希 -4 -4
4T 山城 奈々 -4 -4
4T アン・ソンジュ -4 -4
4T ペ・ヒギョン -4 -4
4T 岡山 絵里 -4 -4
4T 成田 美寿々 -4 -4
<アース・モンダミンカップ 初日◇22日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,545ヤード・パー72)>

今季、メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」を含むここまで3勝を挙げているキム・ハヌル(韓国)。前半戦の最終戦「アース・モンダミンカップ」初日も7バーディ・1ボギーの“66”を叩きだし、今季初となる単独首位発進を決めた。

「今日はアイアンショット、パッティングともに良かった」と奪ったバーディは7つ。3アンダーで折り返すと、1番で15mをねじ込んだかと思えば、4番パー3ではもう少しでホールインワンかというティショットを見せて30cmにピタリ。バックナインでもしっかりと伸ばし好スタートへとつなげた。

ハヌルがここまで好成績を挙げている理由としてゴルフの調子が良いのはもちろん、日本ツアーへの順応も忘れてはならない。高温多湿の気候に来日当初は困惑していたが、今では苦手だった雨も問題ない。

もう1つ注目すべきなのが体のケアに対する変化。今季から務めているトレーナーによれば「これからの時期は“むくみ”やすくなるので道具を使ったり、より時間をかけてほぐすようにしています」。元々むくみやすい体質だというハヌルだが今年は軽減。しっかりとケアを受けることで去年以上のコンディションをキープしている。

そんなハヌルが今日の反省点に挙げたのが「暑かったので、汗をかいた腕に虫が寄ってきました。気になってしまいましたね。明日はしっかりと対策をしたい。また今週は暑くなる予報だったり雨の予報もあるので準備を怠らないようにしたい」。日本人でも過ごしにくい梅雨の季節を克服できれば、昨年イ・ボミ(韓国)が記録した出場14試合目での1億円突破も見えてくる。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ツアー2勝目に向け好発進!青木瀬令奈「1日4アンダーを目標に」
・昨年覇者イ・ボミがとらわれた幻影 グリーンに苦しみ24位発進
・さらに上位を狙うアン・シネ、まさかのセクシー封印宣言「明日は重要な1日」
・ローリー・マキロイ試作パターで好スタートの松森彩夏
・レジェンド不動裕理、今季初のアンダーパーにも「全部がそこそこ」
・成田美寿々、リミッター解除でドライバー飛距離15ヤードアップ!
・「苦しい時期を思えば…」2か月ぶり復帰の大山志保は97位タイも完走に安ど
・下川めぐみ 練習では不振だったのになぜか好発進、要因は?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ