サントリーレディスオープンゴルフトーナメント

国内女子

「このままでは終われない」 宮里藍が50位タイで決勝進出

辛くも決勝に駒を進めた宮里藍、残り2日でどこまでスコアを伸ばせるか サントリーレディスオープンゴルフトーナメント(2017)(2日目) 写真:村上航
辛くも決勝に駒を進めた宮里藍、残り2日でどこまでスコアを伸ばせるか サントリーレディスオープンゴルフトーナメント(2017)(2日目) 写真:村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 辻 梨恵 -3 -10
2T 葭葉 ルミ -4 -9
2T キム・ハヌル -4 -9
4 ペ・ヒギョン -4 -8
5T 岡山 絵里 -1 -7
5T 岩橋 里衣 -2 -7
5T イ・ミニョン -6 -7
5T 山城 奈々 -4 -7
5T 福田 裕子 -3 -7
10T 竹内 美雪 -5 -6
<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2日目◇9日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>

あと2日、勇姿を見られることになった。「サントリーレディス」の第2ラウンドが行われ、今季限りで引退を決めている宮里藍は、2バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“74”とスコアを落として、トータルイーブンパーの50位タイ。4番パー5でダブルボギー先行と苦しい展開だったが、粘りを見せて終盤の17番パー5でバーディを奪取、予選通過を決めた。日本では節目となる試合は、週末も大ギャラリーの前でプレーをする。

「体力も気力も使いきりました。大変な1日でした」

予選カットラインがちらつく中、気力を振り絞って決勝ラウンドに進んだ。第1ラウンドでドライバーショットのタイミングが合わず、ラウンド後に修正を行ったが、「テンポが悪く、今日のラウンドでは修正できませんでした」とショットに苦しんだ。4番パー5ではティショットを左に曲げると2打目も左ラフ。3打目をガードバンカーに入れるなどダブルボギー。その後も苦しいホールが続き、9番パー4では5メートルのパーパットを残したが、これを沈めるなど再三のピンチをパットでしのいだ。

「テンポと力感をなくすことに注意した」後半は、徐々にショットのフィーリングがよくなり、17番パー5で「プレッシャーがかかる」3メートルのバーディパットを沈めて予選通過を決めた。「この2日間パットに救われました。明日以降、ショットは形を決めず自由にやりたい」と決勝ラウンドに備えた。
 
予選2日間は米女子ツアーでともに戦ってきた上田桃子とのラウンド。ホールアウト後はいつも以上に長いハグでお互いをたたえ合った。「すごくいい2日間でした。試合で桃子と回るのは最後かも知れないと思うと、グッとくるモノがありましたが、こらえました。お互いに週末頑張ろうと話しました」。大会前から「普段どおりに淡々とプレーしたい」と話していたが、感情のコントロールをしている。首位とは10打差と開いたが、「このままでは終われない」と力を込めてムービングサタデーを迎える。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・藍フィーバー止まらず!平日開催の2日目としては歴代1位の動員数
・宮里藍、50位で決勝R進出 辻梨恵が単独首位キープ
・藍との36ホールが終了…上田桃子、最後の言葉は「ありがとう」
・「ティショットがすべてではない」 2位浮上の葭葉ルミ、100ヤード以内対策にウェッジ4本体制
・竹内美雪が「感謝!感謝!」で猛チャージ!4打差で決勝ラウンドへ
・イ・ボミが宮里藍にお願い「一緒に回りたいから頑張って!」
・辻梨恵が4連続バーディで首位キープ!「良いショットに気持ちが付いていっている」
・賞金ランク1位キム・ハヌルは1打差2位で決勝へ 明日心がけることは?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ