フジサンケイレディスクラシック

国内女子

藤本麻子、吉田弓美子が首位T 堀琴音は1差逆転狙い最終日へ

単独首位から3位に後退した堀琴音 ツアー初Vをかけて最終日へ フジサンケイレディスクラシック(2017)(2日目) 写真・佐々木啓
単独首位から3位に後退した堀琴音 ツアー初Vをかけて最終日へ フジサンケイレディスクラシック(2017)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 藤本 麻子 -4 -9
1T 吉田 弓美子 -3 -9
3 堀 琴音 -1 -8
4T 申 ジエ -5 -7
4T 松森 杏佳 -5 -7
4T 小川 陽子 -3 -7
4T 松森 彩夏 -2 -7
8T ユン・チェヨン -5 -6
8T 濱田 茉優 -5 -6
8T テレサ・ルー -4 -6
<フジサンケイレディスクラシック 2日目◇22日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」の第2ラウンド。全選手がホールアウトし、藤本麻子、吉田弓美子がトータル9アンダーで首位に並んでいる。

1打差3位にツアー初勝利がかかる堀琴音、2打差4位タイに松森彩夏、松森杏佳、小川陽子、申ジエ(韓国)が続いている。

今季初勝利を狙うイ ボミ(韓国)はトータル3アンダー28位タイで最終日へ。昨年覇者の大山志保は4つスコアを落とし、トータル7オーバー94位タイと2戦連続の予選落ちとなった。

また、今季開幕から5戦連続で予選落ちを喫していた諸見里しのぶが1イーグル・5バーディ・2ボギーの“67”をマーク。トータル4アンダー25位タイでフィニッシュし、2015年の「樋口久子 Pontaレディス」以来2年ぶりとなる決勝ラウンド進出を果たしている。

【2日目までの順位】
1位T:藤本麻子(-9)
1位T:吉田弓美子(-9)
3位:堀琴音(-8)
4位T:松森彩夏(-7)
4位T:松森杏佳(-7)
4位T:小川陽子(-7)
4位T:申ジエ(-7)
8位T:ユン チェヨン(-6)
8位T:キム ハヌル(-6)
8位T:鈴木愛(-6)他

28位T:イ ボミ(-3)
94位T:大山志保(+7)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「2年ぶりにお金が入る!」諸見里しのぶが2年ぶりに予選突破
・「あそこだけ…」堀琴音は痛恨ダボで3位後退 1打差で最終日へ
・8頭身美女がようやくお目覚め!躍進の秘密は“友人のパター”!?
・松森シスターズは焼肉パワーで優勝争い!ところで多く食べるのは?
・災い転じて福!森田理香子は“ぶっつけアイアン”が奏功!

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ