富士通レディース

国内女子

松森彩夏「最後にカップインしたときは高揚した」

松森彩夏 富士通レディース(2016)(最終日) 写真・佐々木啓
松森彩夏 富士通レディース(2016)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 松森 彩夏 -4 -12
2 笠 りつ子 +1 -8
3 堀 琴音 +2 -7
4T 木戸 愛 -1 -4
4T 比嘉 真美子 E -4
6T テレサ・ルー -1 -3
6T 佐伯 三貴 E -3
6T 森田 理香子 E -3
6T 大和 笑莉奈 +1 -3
6T 永峰 咲希 +1 -3
富士通レディース(10月14日~10月16日、千葉県・東急セブンハンドレッドクラブ 西コース、6635ヤード、パー72)

<主な選手の最終日コメント>

松森彩夏(1位、5バーディ、1ボギーの68、通算12アンダー)
「まだ実感が湧かないですが、本当に優勝することができて、すごくうれしいです。最後にカップインしたときはすごく気持ちが高揚して、(涙が)こみ上げてきました。最後のパットを入れるまではすごく緊張していたのですが、やはり3打目のアプローチを寄せたところで、ちょっと優勝に近づいたのかなという感じがありました。最後のセカンドショットも自分の中では、良いショットだったのでよかったです」

笠りつ子(2位、3バーディ、1ボギー、1トリプルボギーの73、通算8アンダー)
「今日は自分のミスでチャンスをつぶしてしまい、最後もミスショットで終わってしまいました。松森選手はすごく良いゴルフをしていました。今日はすごく見ていて“入るだろうな~”というパッティングをしていたし、長いパットでもすごく雰囲気が出ていましたから」

堀琴音(3位、2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの74、通算7アンダー)
「このゴルフでは勝てない、というのが本音です。昨日まで良かったショットが、こんなに曲がるようではバーディチャンスにつかないですし、最終組は伸ばし合いでガンガンバーディをとっていかないと、というのがあるので、パーでしのぐようなゴルフでは、まだ(初優勝)は無理かなと思います」

木戸愛(4位タイ、3バーディ、2ボギーの71、通算4アンダー)
「今日は我慢のところが多かったですが、最後まで我慢してできたので良かったです。1試合1試合ベストを尽くしたいと思っていて、今週もベストを尽くして終われました。目の前の1打に集中して粘り強くやっていれば、良い結果はあとからついてくると思っているので、また来週も頑張ります」

柏原明日架(13位タイ、1イーグル、2バーディ、3ボギーの71、通算1アンダー)
「(13番パー3でのホールインワンは)後半に入って調子が良くなってきて、自信を持って打てたのが入ってくれました。今週の目標は、(ホステスプロとして)試合を盛り上げることと、良い成績でフィニッシュすることでしたので、ホールインワンで試合を盛り上げることができて良かったです」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ