樋口久子 Pontaレディス

国内女子

渡邉彩香をオーバードライブ! 畑岡奈紗さん快挙逃すも7位タイ

ツアー屈指の飛ばし屋をうならせた畑岡奈紗さん 樋口久子 Pontaレディス(2015)(最終日) 写真・村上
ツアー屈指の飛ばし屋をうならせた畑岡奈紗さん 樋口久子 Pontaレディス(2015)(最終日) 写真・村上

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 渡邉 彩香 -6 -11
2 藤本 麻子 -3 -7
3 葭葉 ルミ -3 -6
4T 酒井 美紀 -2 -5
4T 鈴木 愛 -2 -5
4T 茂木 宏美 E -5
7T 馬場 ゆかり -1 -4
7T @畑岡 奈紗 +1 -4
9T 大山 志保 -2 -3
9T 藤田 光里 -2 -3
樋口久子 Pontaレディス(10月30日~11月1日、埼玉県・武蔵丘GC、6605ヤード、パー72) 

 ツアー初出場のアマチュアが完全優勝で初優勝というツアー史上初の快挙に挑んだ畑岡奈紗さん(茨城県・翔洋学園高2年)。首位タイで迎えた最終ラウンドは、4バーディ、5ボギーの73、1オーバーとスコアを落として、通算4アンダーの7位タイに終わった。それでも、大器の片りんを見せるのに十分なデビュー戦だった。

 2日続けての最終組。緊張感に包まれた1番(パー5)のティショットをフェアウエーど真ん中に打ち、見守る大勢のギャラリーから拍手を浴びると気持ちが落ち着いた。3番(パー4)で8メートルのバーディパットを沈め、6番(パー4)では2打目を30センチにつけて“お先”バーディでギャラリーを沸かせる。優勝した渡邉彩香に引けを取らない攻撃的なゴルフを見せた。しかし、8番(パー3)と12番からの4ホール連続でパーオンを逃したホールでボギー。苦手と話していたショートゲームで差が出た。

 それでも、「思い切り振れる」という16番(パー5)と18番(パー5)は、ツアー屈指の飛ばし屋の渡邉を1ヤードながらオーバードライブ。ここでもギャラリーを沸かせた。

「まさか2回もオーバードライブできると思っていなくて、びっくりしました」

 自身でも驚くほどの飛距離で渡邉の悔しさを誘い、成績以上に潜在能力の高さを見せつけた。

「目標は予選を通過して、ローアマを取ることだったので達成できてすごくよかったと思います。ギャッリーの方が応援してくれて楽しかったです。後半は思うように体が動かずに4連続ボギーになってしまい悔しい。ミスしてしまった時もパーをセーブしてリカバリーをちゃんとできるようにしたいです」

 ツアー初出場で7位タイ。それ以上にインパクトを与えたショット。今後の課題も明確になり、伸びシロしかない畑岡さん。昨年ツアー優勝を遂げた勝みなみさんや今年アマチュアとして初の3週連続トップ10入りを果たした新垣比菜さんと同世代。成長が楽しみなアマチュアがまた一人誕生した。

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ