NOBUTA GROUP マスターズGCレディース

国内女子

李知姫が逃げ切り今季2勝目! イ ボミは3位タイに終わる

今季2勝目を挙げベテラン健在ぶりを見せた李知姫 NOBUTA GROUP マスターズGCレディース(2015)(最終日) 写真・鈴木祥
今季2勝目を挙げベテラン健在ぶりを見せた李知姫 NOBUTA GROUP マスターズGCレディース(2015)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 李 知姫 E -9
2 アン・ソンジュ -3 -8
3T 渡邉 彩香 -3 -5
3T 森田 理香子 +1 -5
3T イ・ボミ +3 -5
6 大山 志保 -3 -4
7T ヤング・キム -5 -3
7T テレサ・ルー +3 -3
7T 大西 葵 +5 -3
10T 鈴木 愛 -1 -2
NOBUTA GROUP マスターズGCレディース(10月22日~25日、兵庫県・マスターズGC、6543ヤード、パー72)

 各選手が強風に苦しんだ大会最終日。単独首位でスタートした李知姫(韓国)がイーブンパーの72で回り、2位に1打差の通算9アンダーで逃げ切って今季2勝目、ツアー通算19勝目を挙げた。アン ソンジュ(韓国)が1打差の2位。イ ボミ(韓国)は通算5アンダーの3位タイに終わった。

 通算9アンダーの単独首位から出た李知姫は、4番でバーディが先行、7番のボギーで前半をイーブン。2位との1打差をキープしたままバックナインへ入り、10番のバーディで通算10アンダー。一時は、二つ前の組で回るアン ソンジュに並ばれたものの、15番のバーディで抜け出すとアンが17番で痛恨のダブルボギーをたたいて後退。

 李は16番、17番を連続ボギーとしたものの、アンと1打差で迎えた最終18番をパーで収め、3バーディ、3ボギーの72。通算9アンダーで逃げ切り、今季2勝目、ツアー通算19勝目を挙げた。

 大会ホステスプロのイ ボミは最終組を1打差でスタートしたが、11番までパーセーブが続く我慢のゴルフに。11番でボギーをたたいて後退すると17番、18番も連続ボギーで75、通算5アンダーの3位タイに終わり、史上初の年間獲得賞金2億円突破は持ち越しとなった。

 また、イと並ぶ2位タイからスタートした大西葵は出だし1番をボギーとすると前半で4オーバー。後半10番でようやく初バーディを奪ったものの、12番、17番でボギーをたたき、5オーバーの77。通算3アンダーの7位タイに終わった。

 アンが6バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの69で回り、通算8アンダーの単独2位。イと並んで通算5アンダーの3位タイに渡邉彩香と森田理香子が入った。

 ディフェンディングチャンピオンの大山志保は、5バーディ、2ボギーの69で回り、通算4アンダーの単独6位で大会を終えた。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ