ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ

国内女子

李知姫がプレーオフで鈴木愛を下して今季初優勝

プレーオフで鈴木愛を下して3年ぶりの優勝を飾った李知姫 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ(2015)(最終日) 写真・鈴木祥
プレーオフで鈴木愛を下して3年ぶりの優勝を飾った李知姫 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ(2015)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 李 知姫 -1 -9
2 鈴木 愛 -4 -9
3T 菊地 絵理香 -5 -8
3T 北田 瑠衣 -3 -8
5T 不動 裕理 -3 -7
5T 全 美貞 -1 -7
7 テレサ・ルー -5 -6
8T 上田 桃子 -2 -5
8T 笠 りつ子 -2 -5
8T 藤田 さいき -1 -5
ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ(3月13日~15日、高知県・土佐CC、6217ヤード、パー72)

 雨が強く降る悪コンディションとなった大会最終日。李知姫(韓国)と鈴木愛が通算9アンダーで並びプレーオフに突入。3ホール目でバーディを奪った李が今季初優勝、3年ぶりのツアー通算18勝目を挙げた。1打差の3位には北田瑠衣と菊地絵理香が入った。

 単独首位でスタートした李知姫は2番でボギーが先行し、前半は2バーディ、2ボギーのイーブン。折り返すと1バーディ、1ボギーで13番を終えて通算8アンダーの2位に後退。

 3打差の5位タイで二つ前の組からスタートした鈴木愛は、4番から3連続バーディを奪うなど前半3つ伸ばしてバックナインへ。11番でボギーをたたくが12番、14番のバーディで通算9アンダーの単独首位に立った。

 鈴木が16番でバーディを奪って2打差をつけたが、続く17番で3パットのボギーをたたき、7バーディ、3ボギーの68、通算9アンダーで先にホールアウト。1打差を追う李は土壇場の18番で長いバーディパットを決めて、4バーディ、3ボギーの71、通算9アンダーで鈴木と並び、戦いはプレーオフへ突入した。

 18番パー4の繰り返しで行われたプレーオフは3ホール目で決着。バーディを奪った李が鈴木を下し、今季初優勝。2012年中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン以来、3年ぶりのツアー通算18勝目を挙げた。

 5位からスタートし、3バーディ、ノーボギーの69で回った北田瑠衣と、14位タイから6バーディ、1ボギーの67と追い上げた菊地絵理香が通算8アンダーの3位タイに入った。

 2打差の2位で最終組を回った大会ホステスプロの原江里菜は、3バーディ、7ボギー、1ダブルボギーの78と崩れ、通算イーブンパーの25位タイに沈んだ。

 また、通算8オーバーの56位タイに並んだ勝みなみさん(鹿児島高1年)と大里桃子さん(熊本国府高1年)の二人がベストアマに輝いた。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ