富士通レディース

国内女子

横峯さくらが65をマークして3位に浮上、アンソンジュは首位をキープ 

この日のベストスコア65で回り、首位に2打差の3位に浮上した横峯さくら 富士通レディース(2014)(2日目) 写真・鈴木祥
この日のベストスコア65で回り、首位に2打差の3位に浮上した横峯さくら 富士通レディース(2014)(2日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 アン・ソンジュ -3 -11
2 菊地 絵理香 -3 -10
3 横峯 さくら -7 -9
4 O・サタヤ -3 -8
5 福田 真未 -5 -7
6 井芹 美保子 -3 -6
7T フェービー・ヤオ -2 -5
7T テレサ・ルー -1 -5
9T 酒井 美紀 -3 -4
9T カン・スーヨン -3 -4
富士通レディース(10月17~19日、 千葉県・東急セブンハンドレッドC西C、6635ヤード、パー72)

 大会2日目。横峯さくらが65をマークして、通算9アンダーの3位に浮上した。アンソンジュ(韓国)が通算11アンダーで首位をキープ。2位には菊地絵理香の通算10アンダー。宮里藍は通算イーブンパーの29位タイで2日目を終えた。

 2アンダー9位の横峯さくらが1番バーディでスタートすると、3番、9番と前半は3バーディ。後半に入って10番で2連続バーディ、さらに12番もバーディを奪い、最後は15番、16番の連続バーディで締めくくった。この日は7バーディ、ノーボギーでラウンドを終え、スコアを7つ伸ばして通算9アンダー、首位に2打差の単独3位に浮上した。

 2週連続優勝を狙うアンソンジュは、5バーディ、2ボギーの69と順調にスコアを伸ばし、通算11アンダーで単独首位をキープ。2位スタートの菊地絵理香も同じく69をマークして、通算10アンダーで1打差の2位をキープ。最終日に逆転でツアー初優勝を目指す。

 9位スタートの福田真未が9バーディ、4ボギーの67で回ると、5つスコアを伸ばして通算7アンダーの5位に浮上。成田美寿々は通算3アンダーの11位タイ、森田理香子、原江里菜は通算2アンダーの16位タイに並んでいる。

 宮里藍は3バーディ、3ボギーの72で回って、通算イーブンパーの29位タイ。大会ホステスプロの藤本麻子も同じく29位タイに並んだ。ディフェンディングチャンピオンのイ ナリ(韓国)は、通算1オーバーの36位タイでギリギリの予選通過となった。

 アマチュアの佐藤耀穂さん(埼玉栄高等学校3年)が通算イーブンパーの29位タイ、永井花奈さん(日出高等学校2年)は通算1オーバーの36位タイで予選通過を果たした。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ