スタンレーレディスゴルフトーナメント

国内女子

豊永志帆「予選落ちしてもいいからガンガン攻める!」

ガンガン攻める強気のゴルフでシード獲得を狙う豊永志帆 スタンレーレディス(2014)(1日目) 写真・村上航
ガンガン攻める強気のゴルフでシード獲得を狙う豊永志帆 スタンレーレディス(2014)(1日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T O・サタヤ -7 -7
1T 李 知姫 -7 -7
3T 豊永 志帆 -6 -6
3T 成田 美寿々 -6 -6
5T 鬼澤 信子 -5 -5
5T 原 江里菜 -5 -5
7T 堀 琴音 -4 -4
7T アン・ソンジュ -4 -4
7T 佐々木 慶子 -4 -4
7T イ ジウ -4 -4
スタンレーレディス(10月10~12日、静岡県・東名CC、6561ヤード、パー72)

 ツアー未勝利、今季はQTランキングでレギュラーツアーを戦っている2011年プロ入りの豊永志帆が、自己ベストタイの6アンダーをマークして、首位と1打差の3位タイの好位置でスタートした。

 インスタートの10番をボギーとしたが、17番でバーディを奪いイーブンで折り返すと、後半は大爆発。1番でバーディを決めると、圧巻は上がり5ホール連続バーディ。8番、9番はグリーン外から決める会心のゴルフだった。

「今日はパッティングがよかったですね。実は、水曜日パターを替えてみました。均分転換です。何本か試してみて、コレだと思ったものに決めました」

 特に悪かったわけではないが、気分転換も奏功し、さらには気持ちの変化も味方に、バーディラッシュにつなげた。後半は9パット、トータルでも23パットは、全選手中トップの数字だった。

「これまでは、ピンポジを見て守りに入ることがありましたが、ランキング的に守っても仕方ない位置にいるのでガンガン攻めようと思っていきました。先週は、ルーキーイヤー以来、初めてステップ・アップ・ツアーに出場して初心に戻れた感じです。予選落ちしてもいいくらいの気持ちで全力で攻めて、トップテン、優勝争いできるようにしたいです。悔いのないようにやります」

 現在、賞金ランキングは57位。シード確定に向けて残された時間はない。明日もガンガン攻める強気ゴルフでシードをもぎ取る。

文・高桑均

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ