ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント

国内女子

堀奈津佳が“OKバーディ”スタートで自信深め最終日へ

昨年6月以来の3勝目に向けて3打差で最終日を迎える堀奈津佳 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(2014)(2日目) 写真・村上航
昨年6月以来の3勝目に向けて3打差で最終日を迎える堀奈津佳 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(2014)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T テレサ・ルー -7 -7
1T 渡邉 彩香 -6 -7
3 アン・ソンジュ -2 -5
4T 大山 志保 -2 -4
4T 堀 奈津佳 -1 -4
6T 森田 理香子 -3 -3
6T 笠 りつ子 -3 -3
6T 吉田 弓美子 -2 -3
6T 下川めぐみ -1 -3
6T 酒井 美紀 E -3
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(9月26~28日、宮城県・利府GC、6499ヤード、パー72)

 前日首位タイに立った堀奈津佳。この日はスコアを一つ伸ばすに留まったが、通算4アンダー、4位タイで優勝争いに加わっている。

「いいイメージでピンを狙えました。心地いいスタートを切ることができました」

 出だしの1番はセカンドを20センチにつけ楽々バーディ。2番、3番もバーディとして3ホール終了時点で6アンダーまで伸ばし単独首位に立った。直後の4番でティショットを曲げてボギーとすると、6番、7番でもボギー。一気に貯金を吐き出したが、8番パー5で落ち着いてバーディ。後半はオールパーでまとめ、久しぶりの最終日を満喫した。

「まだ2日目なので、最終組だからといって緊張はそれほどしませんでした。それよりも気持ちがワクワクしていて、緊張というより楽しかったです。いきなり優勝ということはないので、最終日に向けていいゴルフがしたいと思っていたので、この位置はうれしいです」

 出入りの激しい前半から、後半は落ち着き払ったゴルフで優勝戦線に残った堀。最終日は最終組の一組前で、森田理香子、大山志保とのラウンドとなる。

「首位とは3打差。簡単ではないと思いますが、精いっぱいやってチャンスがくればいいですね。明日また、ですね」

 調子を落としていた一時期から、どこか吹っ切れた感のある堀。ボギーを打ってもバーディで取り返すゴルフ、耐えるゴルフをこの2日間でものしてきた。

 昨年6月以来の3勝目なるか。追撃態勢に入った堀が見せるゴルフに注目だ。

文・高桑均

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ