ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント

国内女子

大和笑莉奈が初の首位スタート、東北で錦を飾る!

地元で初優勝なるか?! 山形出身で東北高校卒の大和笑莉奈 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(2014)(1日目) 写真・村上航
地元で初優勝なるか?! 山形出身で東北高校卒の大和笑莉奈 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(2014)(1日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 大和 笑莉奈 -3 -3
1T 堀 奈津佳 -3 -3
1T 佐伯 三貴 -3 -3
1T 酒井 美紀 -3 -3
1T アン・ソンジュ -3 -3
6T 若林 舞衣子 -2 -2
6T 下川めぐみ -2 -2
6T 鈴木 愛 -2 -2
6T 大山 志保 -2 -2
6T 表 純子 -2 -2
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(9月26~28日、宮城県・利府GC、6499ヤード、パー72)

 山形県出身で東北高校卒の24歳、大和笑莉奈が、3バーディ、ノーボギーのゴルフで、プロ6年目にして初の初日首位スタートを決めた。

 インスタートの前半をパープレーで折り返すと、後半は上がりの2連続を含む3バーディで5人がひしめく首位タイの仲間入り。地元・東北で存在感を示した。

「ノーボギーのゴルフがよかったです。危なげなく回れました。パッティングの取りこぼしがありませんでした。チャンスはもっとありましたが、ピンポジションが難しく、パーでいいと思ってやっていたのがよかったです」

 QTランキング11位で今季はフル参戦する大和。6月のヨネックスレディスで2日目に2位タイにつけると、最終日もトップタイでホールアウト。成田美寿々、大山志保とのプレーオフにもつれ込んだが、成田に敗れて惜しくも初優勝を逃した。その後の12試合では予選通過が5回とやや苦しい展開が続いたが、久しぶりに思い出の地で光り輝いた。

「地元の山形県も近いですし、東北高校出身ですし、このコースもジュニアからやっています。この大会は、山形から見に来た初めての女子ツアーですし、この試合で頑張りたいと強く思っています」

 宮里藍ら数々の名選手を排出してきている東北高校出身。2009年には2歳上の有村智恵、03、06年には宮里藍が本大会を制しており、これに続く東北高校出身者の大会制覇に期待がかかる。同期の木戸愛、一学年下の大江香織らはすでにツアー優勝を果たしており、東北で錦を飾る絶好のチャンスが訪れている。

 それでも首位タイに5人、一打差の2アンダー、6位タイに6人、1アンダー、12位タイに10人と上位は大混戦。ここから明日抜け出すことができるのか。来季のシード権獲得に向けても気の抜けない戦いが続く。

「このところ調子は悪くありませんでしたが、結果が出ていなかったので、何が悪いんだろうって思っていましたが、もっと気楽にやろうという感じでプレーできました。明日も地元から応援が来ると思うので、頑張ります」

 故郷に錦を飾ることができるか。大事な第2ラウンドのゴルフに注目だ。

文・高桑均

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ