NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

国内女子

福嶋晃子 2年ぶりの軽井沢で豪打がさく裂!

4年ぶりのツアー優勝を軽井沢で上げてほしい NEC軽井沢72 (2014)(事前情報) 写真・村上航
4年ぶりのツアー優勝を軽井沢で上げてほしい NEC軽井沢72 (2014)(事前情報) 写真・村上航
NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(8月15~17日、長野県・軽井沢72G北C、6555ヤード、パー72)

 本大会最多となる4度の優勝を誇る元祖・飛ばし屋の福嶋晃子が、ママとなって2年ぶりに軽井沢72に戻ってきた。昨年9月に長男を出産した福嶋は、今年5月にツアーに復帰。今大会が復帰後4戦目となる。

 出産後は育児に専念していたが、“気分転換”でゴルフをしたことで、もう一度ツアーの舞台を考えるようになった。

「今は練習をして、育児もしてヘトヘトです(笑)。体力的にもきついですけど、できる範囲で頑張ります」

 謙虚な発言を連発するが、水曜日の練習ラウンドでは元気に18ホールを回り、同伴プレーヤーをはるかにアウトドライブする豪打は健在。加えてアイアンショットもピンを刺す抜群のキレを見せていた。以前と変わらぬ飛距離ですね、と問いかけると、

「本当ですか? うれしいですね。自分では全然飛んでいる感じがしないんです。道具のおかげですよ(笑)」

 と謙遜するが、国内通算24勝、海外2勝の実力者は徐々に“感覚”を取り戻しているようだ。そこにきて今回は抜群の相性を誇る大会。主催のNECグループと長きにわたりスポンサー契約を結ぶ福嶋にとって、居心地もいいはずだ。

「去年出ていないので2年ぶりにここに戻ってきました。懐かしいですね。ゴルフはどうなるかは分からないけど、キャディさんは10年以上ずっと同じ方に頼んでいますし、攻め方も分かっています。すごく気持ちいいですね」

 ホステスプロとして、ママさんプロとして、今週は大きな注目が集まるのは必至。4年ぶりのツアー優勝を軽井沢で挙げれば大いに盛り上がるだろう。

「そんな、優勝なんてって感じです。まだまだそこまでではありません。でも出るからにはいいゴルフがしたいし、やっぱり、なんというかここに来ると“感覚”が戻ってきますね」

 6月には、同じく茂木宏美がママさんプロとしてツアーに復帰。若手の台頭が著しい女子ツアー界で、まだまだ元気な姿を見せるベテラン勢に期待したい。

文・高桑均

このトーナメントの事前情報

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ