サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント

国内女子

香妻琴乃が涙、涙の2位「本当は勝ちたかった」

ホステスプロのプレッシャーに負けず優勝争いも悔しい2位に終わった香妻琴乃 サマンサタバサ レディース(2014)(最終日) 写真・鈴木祥
ホステスプロのプレッシャーに負けず優勝争いも悔しい2位に終わった香妻琴乃 サマンサタバサ レディース(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 成田 美寿々 -5 -16
2 香妻 琴乃 -8 -16
3 イ ナリ -3 -15
4 申 ジエ -5 -14
5T 木戸 愛 -5 -13
5T 東 浩子 -3 -13
7T 西山 ゆかり -4 -12
7T リ・エスド -3 -12
9 原 江里菜 -4 -11
10T 茂木 宏美 -5 -10
サマンサタバサ レディース(7月18~20日、茨城県・イーグルポイントGC、6528ヤード、パー72)

「本当は勝ちたかった……」

 ポツリとそうつぶやいた香妻琴乃の目には涙が浮かんでいた。

 成田美寿々にプレーオフで敗れた香妻。18番ホールを出たあとも、表彰式の脇ではサマンサタバサの社長やモデルの蛯原友里さんの前でも、記者との囲み取材のときもあふれる涙が止まらなかった。

 最終日を7位タイからスタートした香妻は8バーディ、ノーボギーの8アンダーで通算16アンダー、単独首位でホールアウトした。

「プレーオフ以外は目標にしていた8アンダーにいったことと、落ち着いて一日楽しめてラウンドできたのはよかったです」

 だが、成田美寿々に通算16アンダーで並ばれると、プレーオフでパーの香妻に対し、成田がバーディ。つかみかけた悲願のツアー初優勝は、手のひらからするりと抜け落ちた。

「それでも今までやりたかったプレーが今日はできた感じはあります。今日のスコアで、いつも完璧なゴルフをしなくてもいいという気持ちになりました。すべて完璧でなくてもいいということです」

 サマンサタバサ所属プロとして、期待を一身に背負っていた今大会。関係者らに支えられ、応援してもらったのに期待に応えられなかったときの悔しさは、香妻の表情ににじみ出ていた。

 大会を2位で終えた香妻は来週、出場を予定していなかったセンチュリー21レディスに出場できるようになった。

 今季はレギュラーツアー出場数が限られている中、賞金ランキングは36位まで浮上。シード権獲得に向けて来週の試合に出られるのは好材料だ。

「シードのことはあまり考えないようにしています。今はたくさん試合に出られるチャンスを作って、早く優勝することが目標です」

 この日、「勝ちたかった」と流した涙と悔しさは、必ずやこれからの糧になる。来週は一皮むけた香妻の姿がきっと見られるはずだ。

文・キム ミョンウ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ