サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント

国内女子

成田美寿々がプレーオフを制して今季3勝目!

香妻琴乃とのプレーオフを制して今季3勝目を挙げた成田美寿々 サマンサタバサ レディース(2014)(最終日) 写真・鈴木祥
香妻琴乃とのプレーオフを制して今季3勝目を挙げた成田美寿々 サマンサタバサ レディース(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 成田 美寿々 -5 -16
2 香妻 琴乃 -8 -16
3 イ ナリ -3 -15
4 申 ジエ -5 -14
5T 木戸 愛 -5 -13
5T 東 浩子 -3 -13
7T 西山 ゆかり -4 -12
7T リ・エスド -3 -12
9 原 江里菜 -4 -11
10T 茂木 宏美 -5 -10
サマンサタバサ レディース(7月18~20日、茨城県・イーグルポイントGC、6528ヤード、パー72)

 大会最終日。成田美寿々と香妻琴乃が通算16アンダーで並びプレーオフに突入。成田が1ホール目でバーディを奪って決着し、逆転で今季3勝目を挙げた。

 首位に1打差の2位からスタートした成田美寿々は、1、2番の連続バーディなど前半で通算15アンダーまで伸ばし、単独首位でサンデーバックナインへ。この時点で2位につけたのはホステスプロの香妻琴乃。8アンダーの7位タイからスタートすると、3番、4番の連続バーディ、9番からの3連続バーディなどで6つスコアを伸ばして14アンダー。

 さらに香妻は13番、14番で連続バーディを奪うと10番をボギーとした成田を抜いて単独トップ立ち、通算16アンダーで先にホールアウト。一方の成田も14番、17番のバーディで追いつき、通算16アンダーで並んでプレーオフへと突入した。

 戦いは18番パー4で行われた1ホール目で決着、バーディを奪った成田が今季3勝目を挙げた。これでツアー通算5勝中、今回も含めて逆転優勝が4回と勝負強さを見せつけた。この日のベストスコア64をマークした香妻は、ホステスプロでの優勝とツアー初優勝を逃す結果となった。

 首位でスタートしたイナリは、通算15アンダーで3位。4位には申ジエの14アンダー。最終組でツアー初優勝を狙った東浩子は通算13アンダーで、木戸愛と並んで5位タイに終わった。

 また、ディフェンディングチャンピオンの吉田弓美子は、通算9アンダーの15位タイで大会を終えた。

 なお、前田陽子が“規則6-6d スコアの誤記”のため失格となった。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ