サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント

国内女子

“プレーオフの鬼”成田美寿々がまたもや逆転で今季3勝目!

これでプレーオフ3戦3勝と勝負強さを見せた成田美寿々 サマンサタバサ レディース(2014)(最終日) 写真・鈴木祥
これでプレーオフ3戦3勝と勝負強さを見せた成田美寿々 サマンサタバサ レディース(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 成田 美寿々 -5 -16
2 香妻 琴乃 -8 -16
3 イ ナリ -3 -15
4 申 ジエ -5 -14
5T 木戸 愛 -5 -13
5T 東 浩子 -3 -13
7T 西山 ゆかり -4 -12
7T リ・エスド -3 -12
9 原 江里菜 -4 -11
10T 茂木 宏美 -5 -10
サマンサタバサ レディース(7月18~20日、茨城県・イーグルポイントGC、6528ヤード、パー72)

 今日の成田美寿々は妙に落ち着いていた。

 1打差の2位でスタートした成田は前半から猛チャージを仕掛ける。1番(パー4)からバーディ発進に成功すると、続く2番(パー4)では3打目をグリーン右脇のラフからチップインで連続バーディ。ここでスコアを13アンダーにしてトップのイ ナリを抜くと、そこから4番(パー4)、6番(パー4)、8番(パー5)でバーディを奪った。5番(パー3)でボギーをたたくも、前半は前日に続いて完璧な内容だった。

 このまま成田の一人舞台になるかと思われたが、このままでは終わらない。3つ前の組の香妻琴乃が猛追し、8バーディ、ノーボギーの通算16アンダーの単独首位でホールアウト。

 一方の成田は10番(パー4)をボギーのあと、14番(パー4)のバーディで15アンダーにして、残り4ホールを残して1打差まで迫っていた。

「14番でトップの琴乃が16アンダーっていうことを聞いたのですが、残り4ホールで自分のゴルフをすれば追いつけると思っていました」

 そして成田が香妻に追いついたのは17番(パー4)。2打目をピンまで残り134ヤードを9番アイアンで打ち、2メートルに寄せてバーディ。トップに並んだ成田は18番(パー4)をパーセーブして、勝負はプレーオフへ持ち込まれた。

 成田にとってプレーオフは少しチャンスだった。それは昨年のNEC軽井沢72と今年のヨネックスレディスをプレーオフで勝利しているからだ。場数を踏んでいれば精神的に少しの余裕は生まれるものだ。

 18番ホールでのプレーオフは香妻がパー。そして、

「今は9番アイアン以下のクラブが一番安定しています」

 と自信たっぷりの成田は、ピンまで116ヤードまでの2打目を9番アイアンで1.5メートルにつけ、バーディを奪って勝利を手にした。

 プレーオフでの勝利は3戦3勝。勝負強さにさらに磨きがかかった貫録の勝利だった。

「今までで一番周りを気にせずゴルフができました。というのも、今まではボードを見てプレーすることが多く、キャディさんにも見るなと言われていました。今季2勝の試合はいずれもボードを見ていません。でも、今日はボードを見つつ、自分のメンタルに波を立てずにプレーできました。先にバーディ取られたから、自分もバーディを取らなきゃと思うことはありませんでした」

 今季3勝目でツアー通算5勝。自身が目標としていたメジャー含む3勝はすでにクリアしたが、これで満足する成田ではない。

「まだメジャーが3つ残っていますし、4日間大会もあるので、尻すぼみにならないように1勝、2勝と狙っていきたいです。賞金女王ですか? 詰めてきたという感じはあるので、アン(ソンジュ)ちゃんを意識してやっていきたい」

 成田は3勝を手にした今でも、あまり余裕がなく、あまり自信もないと言った。 それでも、

「気持ちの強さだけは誰にも負けないと思っています」

 とキッパリと言ってのけた。安定した強さが備わってきた成田の快進撃は、これからも続きそうだ。

文・キム ミョンウ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ