日医工女子オープンゴルフトーナメント

国内女子

葭葉ルミ この位置で回れるのはやっぱり楽しい!

両親が見ているのでテレビに映りたいと頑張った葭葉ルミ 日医工女子オープン(2014)(最終日) 写真・鈴木祥
両親が見ているのでテレビに映りたいと頑張った葭葉ルミ 日医工女子オープン(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ジョン ヨンジュ -7 -17
2 横峯 さくら -6 -15
3 藤田 光里 -7 -12
4T 木戸 愛 -5 -11
4T イ・ボミ -5 -11
4T 堀 奈津佳 -4 -11
4T 葭葉 ルミ -3 -11
8 斉藤 愛璃 -6 -10
9T 飯島 茜 -3 -9
9T 笠 りつ子 -2 -9
日医工女子オープン(7月4~6日、富山県・八尾CC、6454ヤード、パー72)

 今季3回めの優勝争いのチャンス、4バーディ1ボギーの69とスコアを伸ばして4位タイ。初優勝には届かなかったものの、

「とても楽しかった!」

 と笑顔を見せたのが葭葉ルミ。

「1番ホールのバーディパットは入ったけど緊張しました。その後は短いパットが全然入りませんでした。ラインは読めていたけど思ったとおりに打てなかったので……。気持ちが入りすぎたのが強く入りすぎたり、悔しいですね」

 それでも後半はスコアを3つ伸ばした。

「コーチからは、前半はイーブンでいいぐらいだよ、といわれていました。4番でボギーをたたいたときは、“悪い流れになるのかな”と思いましたが、言葉どおりイーブンで上がれてよかったです。コーチからは、“後半伸ばせばテレビにいっぱい映るんじゃない?”といわれて頑張りました! 両親が見ているのでテレビには映りたいです(笑)」

 開幕2戦目のヨコハマタイヤPRGRレディス、そして2戦前のニチレイレディスに続いて、優勝を狙える位置でのプレー。緊張しながらも“楽しかった”という言葉の意味を聞いた。

「優勝争いは毎回違った課題が残る。すごくいい経験をしているなと思うし、今回は最終組の1つ前で回りましたが、やっぱりこの位置でプレーするのはすごく楽しいんです。今日のテーマは“ベストスマイル賞を狙おう!”だったんです。以前は、ミスをすると怒っていましたが、笑うようにしたらよくなったんです。ですから、今日も4番ホールでボギーを打っても、“しょうがないボギーだから”と、すぐに切り替えられました」

 葭葉も、同じく4位タイに入った木戸愛同様、今季18試合に皆勤賞だ。来週は、開幕以来初めてのオフが取れる。その前に課題が見つかったことが葭葉にとっては幸運だという。

「パッティングとアプローチですね。アプローチが一番。50~60ヤード、パー5の3打目の残り距離が本当に大事だなと、この3日間感じました」

 もともと武器であるドライバーの飛距離に、ニチレイレディスから使用しているマッスルバックアイアンの方向性が加わった葭葉。次はアプローチとパターの精度を貪欲に求めて、プロ入り3年目の初優勝を今度こそ掴み取る!

文・武井真子

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ