日医工女子オープンゴルフトーナメント

国内女子

ジョン ヨンジュ “ポーカーフェース”は緊張していただけ

今年の新人賞、将来的には賞金女王を目指すジョンヨンジュ 日医工女子オープン(2014)(最終日) 写真・鈴木祥
今年の新人賞、将来的には賞金女王を目指すジョンヨンジュ 日医工女子オープン(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ジョン ヨンジュ -7 -17
2 横峯 さくら -6 -15
3 藤田 光里 -7 -12
4T 木戸 愛 -5 -11
4T イ・ボミ -5 -11
4T 堀 奈津佳 -4 -11
4T 葭葉 ルミ -3 -11
8 斉藤 愛璃 -6 -10
9T 飯島 茜 -3 -9
9T 笠 りつ子 -2 -9
日医工女子オープン(7月4~6日、富山県・八尾CC、6454ヤード、パー72)

 昨年末のファイナルQTで2位、今季から日本女子ツアーに参戦しているジョン ヨンジュが、ツアー参戦12戦目で初優勝を遂げた。

 首位と2打差の単独2位からスタートしたジョンは、前半で4つのバーディを奪い首位に立つと、後半も3つバーディを決めて、猛追する横峯さくらを突き放し優勝を手にした。

「今日は1番ホールのティショットを打つ前から緊張していました。終わったばかりの今、緊張がさらに高まっています」

 と、静かに笑みをたたえながら会見場に現れた。

 ツアー22勝、百戦錬磨の横峯さくらをして、

「(ジョンは)ポーカーフェースなので、表情から気持ちを読み取ることができなかった」

 と言わしめた韓国出身の22歳。2010年にプロ転向し韓国女子ツアーに参戦、11年に韓国女子オープンで初優勝を遂げて5年シードを獲得(現在は同大会優勝で3年シード)。その際も“ポーカーフェース”とニックネームをつけられたという。

「あのときもただ単に緊張していたんです。今日も、ラウンドの途中では“もし優勝したら、こういうガッツポーズをしようかな”といろいろ考えていたのですが、いざウイニングパットを決めたら全部真っ白になってしまって……」

 と、落ち着いた表情の裏の本音を語った。

 韓国では、小さいころから子どもにさまざまな習いごとをさせる。ジョンもテコンドーやヒップホップダンスなど、ゴルフのみならずいろいろなスポーツを経験してきた。そして、アマチュア時代、ナショナルチームで来日し、日本のゴルフ環境を体験することで、いずれこの地を主戦場にする気持ちが生まれたという。

 韓国では以前、韓国女子ツアーの選手になると、2年間は海外ツアーを主戦場とすることができないという決まりがあった。しかし、2年後には挑戦しようと、日本ツアーの最終戦LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップを観戦、全美貞の優勝を目にして、思いを強くしたという。

 そして、昨年のQTを受験、今季より日本ツアーに参戦している。ファイナルQTは2位で今季のほとんどのトーナメントに出場できるが、4月のKKT杯バンテリンレディースから3戦連続で予選落ち、5月の中京テレビ・ブリヂストンレディースから4戦は腰を痛めて休まざるを得なかった。

「3戦連続予選落ちは、グリーンが小さく砲台も多い日本のコースにまだ慣れていなかったからです。将来的には、今年の新人賞、そしてゆくゆくは賞金女王、さらに米女子ツアーにも挑戦してみたい。でもまずは、早く日本ツアーになじみたいです!」

 日本ツアーに参戦している韓国人選手の中では、同時期に韓国女子ツアーで戦っていたイボミ、メンタルトレーニングのコーチが同じ全美貞と仲がいいという。

「でも、私が(日本ツアーに出ている韓国人選手の中で)一番年下なので、皆さんとてもかわいがってくれます」

 得意のダンスは、韓国女子ツアーのアワードで、催し物として披露したこともあるというジョン。ポーカーフェースのダンスクイーンが新たなヒロインとなった。

文・武井真子

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ