ほけんの窓口レディース

国内女子

イ ボミ プロの意地を見せ逆転の今季初V

今季は最終日最終組が多かったので今日は緊張せずにできたというイ ボミ ほけんの窓口レディース(2014)(最終日) 写真・鈴木祥
今季は最終日最終組が多かったので今日は緊張せずにできたというイ ボミ ほけんの窓口レディース(2014)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 イ・ボミ -3 -9
2T カン・スーヨン -4 -5
2T 服部 真夕 -4 -5
2T フォン・シャンシャン -4 -5
2T 全 美貞 +1 -5
6T イ ナリ -3 -4
6T 穴井 詩 -2 -4
6T @柏原 明日架 +3 -4
9T O・サタヤ -2 -3
9T 横峯 さくら -1 -3
ほけんの窓口レディース(5月16~18日、福岡県・福岡CC和白C、6314ヤード、パー72)

 最終日、首位で迎えたアマチュアの柏原明日架さんが話題を集めたほけんの窓口レディース。1打差2位タイでスタートしたイ ボミがプロの意地を見せた。4バーディ、1ボギーの69と3つスコアを伸ばして、通算9アンダーで2位に4打差をつけて今季初優勝、日本女子ツアー通算6勝目を挙げた。

 ツアー屈指のショットメーカーのイは、精度の高いショットで序盤から2~3メートルのバーディチャンスを作るが、初バーディは1メートルに寄せた5番(パー4)。ここで首位に並ぶと8番(パー4)で柏原さんがボギーとして単独首位に立った。しかし、折り返した10番(パー4)のティショットは、狙いよりも右目に出て、傾斜に跳ねて、まさかのOB。柏原さんが8メートルのバーディパットを沈め、形勢逆転。それでも3.5メートルのボギーパットを沈め、1打差にとどまる。

「10番でOBを打ちましたが、ここは絶対にボギーで上がろうと思っていました。あれが優勝の一つのポイントになりました。前半はパーが続いたのでセーフティに行こうと思いましたが、OBの後から攻撃的に行こうと思いました」

 10番を終えて1打差の2位に後退したが、攻撃モードに入った11番(パー5)は奥のカラーから11メートルのバーディパットをねじ込んで首位に並ぶ。1打リードで迎えた15番(パー4)は、156ヤードの2打目をカップに入りかけるスーパーショットで10センチに寄せてバーディ。対する柏原さんがボギーとして3打差に広がり、勝負を決める1打となった。

「優勝を争う選手と一緒に回るとプレーを見て攻めたり、いろいろできるので、その面ではやりやすかったかも。今年はけっこう最終日最終組が多く、チャンスがあっても勝てませんでした。今になってはあれが練習だったと思って、今日は緊張せずにできました」

 今季3度目の最終日最終組で初Vを手繰り寄せた。先週、成田美寿々に抜かれて賞金ランキング2位となったが、この優勝で獲得賞金5622万9000円となり1位に返り咲き。目標とする賞金女王に向けて前進した。

「ランキングも大事ですが、今シーズンのゴルフの内容には満足しています。スイングもメンタルも前とは違うのですごく満足しています。早く2勝目を挙げたいです」

 今季から神戸市内に拠点を構え、より日本に溶け込めていると話す。韓国では“スマイル・キャンディ”の愛称で絶大な人気を誇り、2010年に韓国ツアーの賞金女王になった。今大会も多くの声援を受け、ギャラリーアンケートによるベストスマイル賞を受賞。日本でもギャラリーのパワーを後押しに賞金女王取りを狙う。

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ