ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ

国内女子

宋ボベが単独トップ、2位に藤本麻子 上位は3打差に10人と大混戦

通算4アンダーで単独トップに立った宋ボベ ヨコハマタイヤ PRGRレディスカップ(2014)(2日目) 写真・佐々木啓
通算4アンダーで単独トップに立った宋ボベ ヨコハマタイヤ PRGRレディスカップ(2014)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 宋 ボベ -1 -4
2 藤本 麻子 E -3
3T 酒井 美紀 -5 -2
3T ウェイ・ユンジェ -5 -2
3T アン・ソンジュ -2 -2
3T 葭葉 ルミ -1 -2
3T 一ノ瀬 優希 E -2
8T 斉藤 愛璃 -2 -1
8T 服部 真夕 -2 -1
8T 全 美貞 -1 -1
ヨコハマタイヤ PRGRレディスカップ(3月14~16日、高知県・土佐CC、6232ヤード、パー72)

 2日目が行われ、首位タイスタートの宋ボベが3バーディ、2ボギーの71で回り、一つスコアを伸ばして通算4アンダーで単独首位に立った。

 最終組の藤本麻子は2アンダー、2ボギーの72とイーブンで回り、1打差の通算3アンダーで2位。福田真未は3つスコアを落とし、通算イーブンパーの11位タイに後退した。

 この日5アンダーと大きくスコアを伸ばした酒井美紀と、台湾出身のウェイ ユンジェが、一ノ瀬優希、葭葉ルミ、アン ソンジュとともに通算2アンダーの3位グループにつけた。

 トップから斉藤愛璃、全美貞ら8位タイグループの10人が3打差以内という大混戦で明日の最終ラウンドを迎える。

主な選手のコメント
宋ボベ(通算4アンダー、1位)
「全体的にショットがよくなく、チャンスが少なかったです。最終日はあまり優勝を気にせず、自分のプレーに集中するだけです」

藤本麻子(通算3アンダー、2位)
「風のジャッジが難しかったですね。フォローだと思ったらアゲインストだったり…。明日は相手を気にせずコーストの戦いを意識したいです」

福田真未(通算イーブンパー、11位タイ)
「今日は(最終組スタートで)緊張し、体も硬くなっていました。ショットも当たらず、バーディチャンスにつけることができなかったです。明日は目の前の1打に集中したいです」

横峯さくら(通算2オーバー、18位タイ)
「10番までで、今日2オーバーになってしまって…。チャンスにはついていたもののラインが読めていなかった。明日はアンダーで回れたらいいですね」

森田理香子(通算4オーバー、32位タイ)
「パットの読みもアイアンの距離感も昨日よりマシという感じ。ショット自体は悪くないので、明日は今日よりもいいスコアで回りたい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ