フジサンケイレディスクラシック

国内女子

ホールインワン賞800万円は女子ツアー過去最高額

800万円の賞金を手に笑顔の下川めぐみ
800万円の賞金を手に笑顔の下川めぐみ

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 佐伯 三貴 -5 -14
2 横峯 さくら -5 -11
3 カン・スーヨン -5 -10
4T 表 純子 -1 -8
4T テレサ・ルー E -8
6T 一ノ瀬 優希 -8 -7
6T イ ナリ -2 -7
6T アン・ソンジュ E -7
9T イ ジウ -2 -5
9T 酒井 美紀 +3 -5

フジサンケイレディスクラシック最終日の17番パー3で、下川めぐみがホールインワンを達成したが、ホールインワン賞で賞金800万円はかなりの高額。実際、過去の女子ツアーでは最高額だ。

というのもフジサンケイレディスクラシックのホールインワン賞の賞金は、達成されなかった場合、1985年から翌年へ繰り越している。このときは100万円からスタートし、未達成の場合は100万円ずつ加算された。

その後、90年大会(ファイブハンドレッドC)初日に黄玥珡がホールインワンを達成し、賞金600万円を獲得したが、それ以降、達成者は出てこず、上限800万円の賞金がキャリーオーバーされていた。そして、今大会で下川は23年ぶりの快挙を達成した。

ちなみに男子ツアーでは、2005年のフジサンケイクラシック(富士桜CC)2日目の16番でI.J.ジャンがホールインワンを達成し、賞金800万円を獲得している。

文・金明昱、写真・村上航

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ