サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント

国内女子

原江里菜 緊張の中のプレー経験が優勝に近づく要素

「今回の結果はよくはありませんでしたが、経験を積むことの繰り返しです」(原)
「今回の結果はよくはありませんでしたが、経験を積むことの繰り返しです」(原)

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 横峯 さくら -2 -10
2T 堀 奈津佳 -5 -8
2T 櫻井 有希 -3 -8
2T 若林 舞衣子 -2 -8
2T 全 美貞 +2 -8
6T 上原 彩子 -2 -6
6T イ ナリ -1 -6
6T 茂木 宏美 E -6
9T 大江 香織 -3 -5
9T ホン・ジンジュ -1 -5

2008年NEC軽井沢72ゴルフ以来のツアー通算2勝目はお預けとなった原江里菜。

横峯と同じく、トップに2打差2位でスタートした最終日。1番で幸先よくバーディを取るも、2連続ボギーやダブルボギー一つなど76のスコアで、12位タイフィニッシュだった。

「最終日最終組でしたが、前半は緊張せずにプレーすることはできました。後半は、自分の思いどおりのプレーができなくて……。緊張はしましたが、今回のような経験を重ねていくことが必要だと思います。最終日最終組で優勝争いをしている中で、どのように集中すればいいのかが少しつかめました。今回の結果はよくはありませんでしたが、経験を積むことの繰り返しです」

後半の緊張から気持ちに先走りが起きた。

「ピンにつけたい気持ちが強くなり、ミスが多くなりました。2日目まではピンを狙うのではなく、パットを打ちやすい場所に置くことを考えていたのに、それができませんでした。ガマンするべきところは、きちんとガマンをしなくてはいけません」

4位タイで終えたツアー第2戦のヨコハマタイヤPRGRカップでも、最終組最終日でプレーしている。

「来週のワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップは、今季メジャー初戦。いつもに増して気合の入る試合なので頑張ります」

序盤戦で2回経験した優勝争いの経験は、近いうちに生かす構えだ。

文・井上兼行、写真・鈴木祥

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ