サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント

国内女子

絶好調の全美貞「最終日は楽しく回りたい」

2位に2打差の単独トップに立った全美貞
2位に2打差の単独トップに立った全美貞

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 全 美貞 -7 -10
2T 横峯 さくら -4 -8
2T 原 江里菜 -4 -8
4T 茂木 宏美 -4 -6
4T 若林 舞衣子 -3 -6
6T イ ナリ -5 -5
6T 北田 瑠衣 -3 -5
6T 櫻井 有希 -1 -5
9T ホン・ジンジュ -4 -4
9T 上原 彩子 -2 -4

3連続1回、2連続2回のバーディなどで、2位に2打差の単独トップに立ったのは昨年の賞金女王、全美貞だ。

「スタートホールでティショットが曲がってしまい不安になりましたが、4メートルのパーパットが決まって気が楽になりました。それに、途中からショットの調子もよくなり出しました。バックスイングで体が左に流れすぎること、ダウンスイング時に体が起き上がってしまうことの2点に注意してスイングしました。全体的にいいゴルフができましたよ」

3番で4メートル、4番で7メートルのバーディパットを沈めて勢いがつくと、それからどんどん波に乗っていった印象だ。

「コースコンディション、特にグリーンコンディションがいいので、読んだラインどおりに転がってくれます。ですから、パットも気持ちよく打てますよ」

裏を返せばきちんとグリーンを読める余裕と、読んだラインにしっかり打てるだけの調子の良さをキープしているということ。決して本人は「調子がいい」と口にはしないが、次のコメントがそれを裏づけている。

「ショットがよくなりパットもよくなってきましたから、自信を持ってプレーできていますよ。明日は、楽しくプレーすればいいかなぁと思っています」

今季第2戦のヨコハマタイヤPRGRレディスで、ツアー通算22勝目をマーク。昨年の賞金女王が“楽しくプレー”するということは、もちろん優勝狙いの宣言だ。明日の最終日は、原江里菜、横峯さくらと9時40分に最終組でスタートする。

文・井上兼行、写真・鈴木祥

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ