サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント

国内女子

横峯さくら、新記録樹立で吐露した昨季の苦しさ

92試合連続予選通過新記録を達成し、表彰され笑顔の横峯さくら
92試合連続予選通過新記録を達成し、表彰され笑顔の横峯さくら

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 全 美貞 -7 -10
2T 横峯 さくら -4 -8
2T 原 江里菜 -4 -8
4T 茂木 宏美 -4 -6
4T 若林 舞衣子 -3 -6
6T イ ナリ -5 -5
6T 北田 瑠衣 -3 -5
6T 櫻井 有希 -1 -5
9T ホン・ジンジュ -4 -4
9T 上原 彩子 -2 -4

不動裕理の91試合を抜く、92試合連続予選通過新記録を達成した横峯さくら。大会前から記録については気にしない構えだったが、この日のラウンドを終えた第一声が次のものだった。

「92という数字を見ると、『頑張ったんだなぁ』と思いました」

この『頑張ったんだなぁ』の中で、ウエートを占めているのが昨季の32試合だ。

「昨季はずっとショットが左に行く状態でした。スイングでいえば逆玉が出ているわけですから、10点満点中1、2点。コースマネジメントも難しかったです。それをどうにかしようと、試行錯誤をしながらの戦いでした。優勝はできませんでしたが、2位に入った試合もあった。でも、自分の中で手応えをつかめていなかった。それが悔しかったですし、本当に苦しい1年でした」

ただ、思い返せば苦しさの中で産物はあった。

「ショットが曲がっていましたから、ショートゲームが少しは上達しました(笑)」

オフにショットの修正も完了して、

「今のスイングは10点満点中7、8点。思いきり振ることができています」

と表情は明るい。2011年リゾートトラストレディス以来のツアー通算19勝目に向けて、好位置の2打差2位タイで迎える最終日の戦いが楽しみになる。

「トップは全美貞選手ですから、スコアを伸ばさないと優勝は見えてこないです。ショットの状態もいいですし、あとは4、5メートルのパットが入れられるようにしたい。しっかりスコアを伸ばせるように頑張ります」

新記録樹立のセレモニー後、コースのレストランで家族や仲間と軽いお祝いをした。もちろん明日は、優勝のお祝いをする構えだ。

文・井上兼行、写真・鈴木祥

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ