スタンレーレディスゴルフトーナメント

国内女子

<ゼクシオ8>初勝利は吉田弓美子!?

トップと2打差の3位タイと、今季4勝目を狙える位置につけた吉田弓美子 スタンレーレディスゴルフトーナメント(2013)(2日目) 写真・村上航
トップと2打差の3位タイと、今季4勝目を狙える位置につけた吉田弓美子 スタンレーレディスゴルフトーナメント(2013)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 服部 真夕 -1 -8
2 横峯 さくら -4 -7
3T 野村 敏京 -5 -6
3T テレサ・ルー -3 -6
3T 吉田 弓美子 -2 -6
3T カン・スーヨン -2 -6
3T 大城 さつき E -6
8T 櫻井 有希 -5 -5
8T 佐々木 慶子 -2 -5
8T 森田 理香子 -2 -5
スタンレーレディス(10月11~13日、静岡県・東名CC、6540ヤード、パー72)

「調子のいいときみたいに、上位で最終日を迎えられて、優勝圏内にいられるというのはプロ冥利につきますね。特に最近なかったので」

 というのは、シーズン4勝目のチャンスにつけた吉田弓美子。二つスコアを伸ばし、通算6アンダーの3位タイグループにいる。ダンロップスポーツの人気シリーズ<ゼクシオ>が、二年に一度のリニューアルの年を迎え、今週の火曜日から同社の契約プロが一斉に試打を開始した。シーズン中ということもあり、すぐに実戦投入とはいかない選手が多い中、「いいと思ったらすぐ替えるタイプ」という吉田は、早速キャディバッグのドライバーを入れ替えた。

「平均して5ヤード、当たったら15ヤードぐらい飛んでいます。昨年のこの試合より、はるかに前(の位置)からセカンドショットを打っていますから」

 と、絶賛している。今年ここまで3勝を挙げ、賞金女王争いの渦中にいる吉田とあって、ドライバーにちょっとしたジレンマが生じていた。

「昨年よりドライバーに安定感を求めてきたのですが、そのぶん飛距離が少し落ちていまして……。この<ゼクシオ8>にして、その落ちていた飛距離を取り戻したという感じです」

 新しい武器を手にして、優勝争いに意欲を見せた吉田。

「まだまだ最終日に後ろのほうの組でプレーする経験をつまなければいけないなと思っています。今日も序盤はバタバタしてしまいましたが最後までねばるゴルフができたと思います。賞金女王争いも“頑張って!”とみんなにいわれるのですが、そういう位置にいられることなんてめったにないことですから、最後までレースに残りたい。そして、今年の開幕前に目標に立てた、Hitachi 3Tours Championshipに出場したいです!」

 “3ツアーズ出場”とは、あまり聞かない目標だが、吉田にはれっきとした理由があった。

「何年か前に、仲のいい藤田幸希さんが出場したときに見に行って、男子プロやシニアプロと試合をするという、ほかにはない経験に“私もいつか出たいなぁ”と思ったんです。それで昨年、初優勝をしたことで、試合前日のプロアマ戦に呼んでいただいて。それで、出場する選手たちがおそろいの赤いベンチコートを着ているのを見て、“私も着たい!!”って気持ちを強くしたんです」

 明日は、最終組の一組前から、4勝目一番乗りと目標の“赤いベンチコート”を狙う!

文・武井真子

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ