スタンレーレディスゴルフトーナメント

国内女子

風のときはしっかり振り切る! が横峯さくら流

通算7アンダーで単独2位に浮上した横峯さくら スタンレーレディスゴルフトーナメント(2013)(2日目) 写真・村上航
通算7アンダーで単独2位に浮上した横峯さくら スタンレーレディスゴルフトーナメント(2013)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 服部 真夕 -1 -8
2 横峯 さくら -4 -7
3T 野村 敏京 -5 -6
3T テレサ・ルー -3 -6
3T 吉田 弓美子 -2 -6
3T カン・スーヨン -2 -6
3T 大城 さつき E -6
8T 櫻井 有希 -5 -5
8T 佐々木 慶子 -2 -5
8T 森田 理香子 -2 -5
スタンレーレディス(10月11~13日、静岡県・東名CC、6540ヤード、パー72)

「明日はバーディ合戦になると思うので、そこに私も加わりたい」

 という前日の言葉どおり、10位タイからスタートした横峯さくらが、4つスコアを伸ばし、通算7アンダーで単独2位に浮上した。

「パッティングがもったいないパーがいくつかあったので、もう少しスコアを伸ばせたのかもしれませんが、自分が思ったところに打てているので、“まぁいいか”と思っています。特に、前半7番でバーディが来るまで、チャンスでいくつか入らなかったバーディパットがあったのですが、我慢するしかないな、と思っていました」

 前日、体調があまりすぐれず、また風の強い中で3アンダーで回り「よかった」と話していた横峯。今日も同様に風が強い中でのラウンドとなったことで、気をつけたことがあったという。

「風の中では体が止まってしまうのが一番ダメだと思うので、しっかり自分のスイングをすることを心がけました。その結果、フェアウエーを4回ほどはずしてしまったものの、ショットがまぁまぁいいところにいってくれたので、スコアを伸ばすことができました。100ヤード以内のアプローチもピンの近くについてくれたのもよかったです」

 と、ノーボギーのラウンドを振り返った。

 現在賞金ランキング3位。逆転賞金女王を狙うためにもう1勝、と望むファンの声も多いが、最近、試合前日の会見では“まずは最終日の前日、優勝争いのできる位置にいること”という言葉をよく発している。2日目を終えて絶好の優勝のチャンスに、

「もちろん狙います」

 と、きっぱり答えた横峯。この大会は2007年に2位タイ、11年に単独2位になっているがまだ優勝はない。21勝目と新しいタイトルを手にして、賞金女王レースを盛り上げたい!

文・武井真子

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ