スタンレーレディスゴルフトーナメント

国内女子

服部真夕が首位を守り、横峯さくらが2位浮上

一つスコアを伸ばし、単独首位で最終日を迎える服部真夕 スタンレーレディスゴルフトーナメント(2013)(2日目) 写真・村上航
一つスコアを伸ばし、単独首位で最終日を迎える服部真夕 スタンレーレディスゴルフトーナメント(2013)(2日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 服部 真夕 -1 -8
2 横峯 さくら -4 -7
3T 野村 敏京 -5 -6
3T テレサ・ルー -3 -6
3T 吉田 弓美子 -2 -6
3T カン・スーヨン -2 -6
3T 大城 さつき E -6
8T 櫻井 有希 -5 -5
8T 佐々木 慶子 -2 -5
8T 森田 理香子 -2 -5
スタンレーレディス(10月11~13日、静岡県・東名CC、6540ヤード、パー72)

 単独首位でスタートした服部真夕が一つスコアを伸ばし、通算8アンダーで首位を守った。

「18番(パー5)でバーディを取れたことが私にとってとても大きな意味があります。単独首位で最終日を迎えたかったということもありますし、後半に入ってからそこまでオーバーパーでしたので、後半ハーフでスコアを落として迎えたくなかった。ここまできたらやるしかないので、自信をもって一打一打集中して頑張ります」

 1打差の2位は、4つスコアを伸ばした横峯さくら。3位タイは5つスコアを伸ばした野村敏京や、吉田弓美子ら5人。

 バーディ1ポイント、イーグル4ポイントで換算し、その日一番ポイントを獲得した選手に賞金50万円が贈られる“ベストオブチャレンジ賞”は、1イーグル、4バーディで8ポイントを獲得した原江里菜。

「初日、あまりいいプレーができなくて、今日は予選を通過することしか考えていませんでした。ですから、この賞を取れて、正直なところすごくラッキーだと思います。8番でイーグルをとったときは(10番スタート)もしかしたら……という気持ちがありました」(原)

 また、予選ラウンド2日間ともに、9番(パー4)でバーディを獲得した選手に“バーディ賞”として賞金50万円が贈られるが(複数該当者の場合は均等割り)、飯島茜とウェイ ユンジェが獲得している。

 さらに、ホールアウトした選手が順次参加したアプローチコンテストは、15センチに寄せた櫻井有希が優勝した(賞金30万円)。

 なお、スタート前に辛炫周と豊永志帆が、それぞれ右肩痛のため棄権している。

文・武井真子

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ