スタンレーレディスゴルフトーナメント

国内女子

藤本麻子が好調のパッティングをさらに調整しVを目指す

好調のパッティングを武器に2勝目を狙う藤本麻子 スタンレーレディスゴルフトーナメント(2013)(1日目) 写真・村上航
好調のパッティングを武器に2勝目を狙う藤本麻子 スタンレーレディスゴルフトーナメント(2013)(1日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 服部 真夕 -7 -7
2 大城 さつき -6 -6
3T 岡村 咲 -4 -4
3T カン・スーヨン -4 -4
3T 吉田 弓美子 -4 -4
3T イ ナリ -4 -4
3T 北田 瑠衣 -4 -4
3T 藤本 麻子 -4 -4
3T 杉本 愛理 -4 -4
10T ウェイ・ユンジェ -3 -3
スタンレーレディス(10月11~13日、静岡県・東名CC、6540ヤード、パー72)

 首位と3打差の3位タイには7人が並んだが、藤本麻子は首位の服部真夕と同組で回ったため、自身が好位置につけていることを把握していなかった。

「服部さんは上がり4ホール連続バーディで7アンダーですよ。この風の中でスゴイですよね! えっ!? 私、3位タイなんですか?
 今日の風は横からが多く、場所によってフォローになったりアゲンストになったりするので難しかったです。正面からのアゲンストだったらまだ分かりやすいんですけど……。その風が強くなったり弱くなったりするので、打つタイミングによっては短かくなってしまったりしましたね。
 そんな中でもあきらめず、集中力をキープできたのはよかったと思います」

 昨年は2勝目を狙ったが、思うような成績が挙げられず、今季こそ2勝目という気持ちは強い。夏のオープンウイーク以降、好調さをキープ。サマンサタバサレディース以降の10戦でトップテンフィニッシュが4回、マンシングウェアレディース東海クラシックでは、横峯さくらをとらえきれずに2位タイに終わり悔し涙を流した。また、先週の日本女子オープンも13位タイと最終日に順位を下げてしまったが、最終組の一つ前でラウンドしている。

 その好調さを支えるのが、もともと得意なパッティングだ。今日も1番、2番とバーディチャンスを逃してのパーからスタート。

「今日はもったいないパットがいくつかありましたね。読み違いもいくつかあったし、芝目にクセがあるのかな、というところもあって。パッティングが決まれば流れが作れますし、これからしっかり練習して調整します」

 2011年の諸見里しのぶのハーフ27のギネス記録や、有村智恵の同一日ホールインワン&アルバトロス達成など、横峯さくらと優勝争いを演じたマンシングウェアレディース東海クラシックの開催コースである新南愛知GC美浜C同様、バーディ合戦必至となるこのコース。

「こういうコースはみんながスコアを伸ばすから、自分もスコアを伸ばさなければいけない、というプレッシャーがあります。耐えるべきところをしっかり耐えて、チャンスを作って確実にモノにする。そうやって流れを作ってそして乗っていく。そういう戦いが必要になるので、明日も集中力をキープしていきたいです」

 と、パッティンググリーンに向かった藤本。明日もスコアを伸ばし、チャンスをさらに広げることができるか!?

文・武井真子

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ