スタンレーレディスゴルフトーナメント

国内女子

服部真夕 全部がかみ合って8バーディ

服部真夕がシーズン終盤戦の台風の目となるか? スタンレーレディスゴルフトーナメント(2013)(1日目) 写真・村上航
服部真夕がシーズン終盤戦の台風の目となるか? スタンレーレディスゴルフトーナメント(2013)(1日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 服部 真夕 -7 -7
2 大城 さつき -6 -6
3T 岡村 咲 -4 -4
3T カン・スーヨン -4 -4
3T 吉田 弓美子 -4 -4
3T イ ナリ -4 -4
3T 北田 瑠衣 -4 -4
3T 藤本 麻子 -4 -4
3T 杉本 愛理 -4 -4
10T ウェイ・ユンジェ -3 -3
スタンレーレディス(10月11~13日、静岡県・東名CC、6540ヤード、パー72)

 早朝の雨と風でスタート時間が30分遅れ、その後も風の強いコンディションの初日、8バーディ、1ボギーの7アンダーで単独トップに立った服部真夕。

「今日はとにかくパッティングがよかったです。1番ホールからバーディ逃しの惜しいパーでしたし、グリーンにスパイクマークが気になったりするところもあったけど、自分がしっかり打てれば入る、という感じでした」

 と、パッティングが思いどおりに決まったことをバーディ量産の理由に挙げた。また、多くの選手が悩まされた風についても、

「ホールによって向きは違っても一定の風で、あとは弱くなったり強くなったりでしたから、キャディさんと相談して決めていました」

 今季の服部は、現在賞金ランキング29位。予選落ちが5回、トップテンフィニッシュは4回と、昨年の賞金ランキング10位の活躍から考えると物足りない成績だ。

「今季はティショットがよくても2打目以降がうまくいかなかったり、パッティングがうまくいかなかったりと全部がかみ合うことがありませんでした。パッティングも思ったところに打てても手前で止まってしまったり……。このコースはショットを曲げてしまったら、マウンド越えの難しいパットが残ったりするホールもあるので、“ショットさえよければチャンスにつけられる”と思ってプレーしました。それが全部かみ合いましたね」

 中でも、服部が悩んできたのがアプローチだ。

「アプローチが寄らなかったり、簡単なミスをしてしまうんです。日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯のときに(師匠の)岡本(綾子)さんに見ていただいて、先週、“打ち方がだいぶよくなったね”といってもらえたんです。それで少し自信を持つことができました」

 今日はショットがよかったことから、6番(パー3)と14番(パー4)の2回しかグリーンをはずさなかったことも大きい。

「アプローチの不調については、気持ちの問題もあると思うんです。岡本さんの言葉で自信も戻ってきたことですし、このチャンスをしっかりモノにして、吹っ切りたいです」

 シーズン終盤戦の台風の目となるべく、結果を残すことで、戻ってきた自信を盤石なものとし、アプローチも完全復調といきたい。

文・武井真子

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング