Tポイントレディス ゴルフトーナメント

国内女子

森田理香子「悔しさよりうれしいほうが大きい。でも……」

敗れはしたが賞金ランキング首位を独走。まだまだ森田旋風が吹き荒れそうだ
敗れはしたが賞金ランキング首位を独走。まだまだ森田旋風が吹き荒れそうだ

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 一ノ瀬 優希 -2 -14
2 森田 理香子 -4 -13
3 全 美貞 -5 -12
4T 笠 りつ子 -7 -10
4T テレサ・ルー -5 -10
4T イ ナリ -5 -10
4T 菊地 絵理香 -3 -10
4T 馬場 ゆかり -3 -10
9 若林 舞衣子 -3 -9
10T 藤本 麻子 -6 -8

トップの一ノ瀬優希に3打差の2位発進。追いつくチャンスはあった森田理香子だが、最後まで追いつけずに終わった。

「まだまだヘタクソです。いいところに乗せることができていたのに、決めることができませんでした。今日は、パッティングのラインを読みきれていませんでいた。終盤でチャンスを決めていれば、いちき(一ノ瀬優希)にプレッシャーをかけられたと思いますが……」

ホールアウト後は悔しさをにじませた森田だが、一ノ瀬の優勝の話題になると少しホッとした表情になった。

「ナショナルチームも一緒。ジュニアのときからずっと一緒でした。先輩であり、私のほうが早く優勝を経験していますから、プレッシャーはあったと思います。でも、今日のプレーは素晴らしかったです。負けた悔しさより、いちきが勝ったうれしさのほうが大きいですね。ん~、でも、こういう思いがわくということは、私も弱いということ。しっかり頑張っていきたいです」

開幕戦に続く今季2勝目はお預けになったが、獲得賞金は2616万となり、全美貞に約600万円の差をつけて賞金ランキングトップを維持。

「来週のアクサレディスin MIYAZAKIは、初めて回るコースです。しっかり準備をして、優勝争いに加わることができるように頑張ります」

プロ仲間の優勝は、何よりも発奮材料になりそうだ。

◇主な選手のコメント

全美貞(3位、12アンダー)
「今日は、いいプレーができたと思います。バック9の14番(402ヤード、パー4)でボギーを打ってしまい優勝争いから一歩後退しましたが、悔いはありません。ドローボールを打とうとして思ったよりも曲がってしまっただけで、引っかけたわけではありませんからね。今週は全体的にいいプレーができたので、来週に向けて頑張ります」

横峯さくら(12位タイ、7アンダー)
「ショットがよくなかったので、それは来週までの課題にします。本当にチャンスが少なかったです。5メートルくらいのパットを読みすぎて、迷ってしまうことがありました。やはり、もっとカップに近づけるショットの精度を上げたいです。地元・鹿児島ということで、たくさん応援に来てくださりうれしかったです。いいプレーはできませんでしたが、今後の活躍を見ていてください!」

勝みなみさん 3アンダー 27位タイ
「2日目よりパッティングの調子がよかったです。カップにかすらなかったのが、今日はかすりましたからね。粘るところは粘られたので、成長を感じました。次の目標は、3日間ともアンダーパーで回ることです。そのためにも、ショットの精度を上げること、そして大事なところでパッティングを決めることです。中学在学中には、日本と名のつく大会で優勝したいです。まずは日本ジュニアで勝ちたいです」

文/井上兼行、写真/佐々木啓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ