Tポイントレディス ゴルフトーナメント

国内女子

服部真夕「3日間を戦えて本当にホッとしました」

優勝した一ノ瀬と抱き合った服部。同期(79期生)の親友が頑張っただけに、これから自身もエンジン全開といきたいところだ!
優勝した一ノ瀬と抱き合った服部。同期(79期生)の親友が頑張っただけに、これから自身もエンジン全開といきたいところだ!

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 一ノ瀬 優希 -2 -14
2 森田 理香子 -4 -13
3 全 美貞 -5 -12
4T 笠 りつ子 -7 -10
4T テレサ・ルー -5 -10
4T イ ナリ -5 -10
4T 菊地 絵理香 -3 -10
4T 馬場 ゆかり -3 -10
9 若林 舞衣子 -3 -9
10T 藤本 麻子 -6 -8

最終日、4バーディ、1ボギーの69で23位タイフィニッシュした服部真夕。優勝争いには加われなかったが、その表情は実に晴れやかだった。

「開幕戦から2戦連続予選落ちをしていました。ようやく3日間戦えることができて、正直ホッとしました。開幕戦は、今季ツアー初戦ですから緊張しました。でも、そんなに調子が悪いわけではなかったのに、どんどんボギーを打ってしまう……。第2戦は、チャンスにつけることができませんでした」

2007年にプロ入り。これまでツアー通算4勝を挙げているが、

「さすがに2試合連続予選落ちは、かなりこたえました。師匠の岡本(綾子)さんは、『まだ3月だからガマン』といってくださいましたが、自分の心の中では『悪いほうにいっているのでは?』という気持ちもありました」

その気持ちを払しょくするためにも、まずは60台のスコアがほしかった。2日目に今季初、そして最終日も69をマークしたことは自信につながった。

「2日目、最終日にスコアを伸ばせたことで、前を向くことができました。岡本さんからは『日替わりスイング』といわれていますが、ますは“日替わりスイングからの脱却”を目標にして頑張ります」

服部自身の中では、Tポイントレディスで開幕を迎えた。ここからの戦いぶりに注目だ。

文/井上兼行、写真/佐々木啓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ