日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

日本シニア

渡辺司、通算12アンダーで単独トップに立ち、連覇に王手!

ディフェンディングチャンピオンの渡辺司が、通算12アンダーで単独トップに 日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ(2014)(3日目) 写真・PGA
ディフェンディングチャンピオンの渡辺司が、通算12アンダーで単独トップに 日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ(2014)(3日目) 写真・PGA

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 渡辺 司(東) -8 -12
2T 室田 淳 -7 -11
2T 尾崎 直道 -5 -11
2T P・ウェセリン -4 -11
5T 真板 潔 -4 -10
5T 高島 康彰 -4 -10
5T 白浜 育男 -3 -10
8 水巻 善典 -2 -9
9T ブーンチュ・ルアンキット -4 -8
9T 奥田 靖己 -3 -8
日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ(10月9日~12日、茨城県・サミットGC、6561ヤード、パー72)

 11日、日本シニアツアーの今季メジャー第1戦、日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップの第3ラウンドが行われ、トップから5打差の26位タイからスタートしたディフェンディングチャンピオンの渡辺司が、8バーディ、ノーボギーと、この日ベストスコアとなる64をマークし、通算12アンダーで単独トップに浮上。連覇に王手をかけた。

 1打差の通算11アンダー、2位タイに、昨年の賞金王、室田淳と、ポール・ウェセリン、尾崎直道の3人がつけ、さらに1打差の5位タイに、高島康彰、白浜育男、真板潔の3人が追走している。

 井戸木鴻樹が通算8アンダーの9位タイ、PGA会長の倉本昌弘は、通算6アンダーの17位タイ、尾崎健夫は通算5アンダーの22位タイ、2日目に単独トップへ立った上出裕也は、スコアを6つ落とし、通算3アンダーの32位タイに後退した。

主な選手のコメント
渡辺司(1位、通算12アンダー)
「スコアの64は、自分にとって願ってもない感じだけど、前半30で回れたから、去年の感じもあったし、後半次第でもっといけるかなと思ってたけど。最終日は楽しんでやってきます。去年の結果はコイントスみたいなもんだから。実力は室田さんと私じゃ天と地。いや、天と高層ビルくらいか(笑)。今年、自分が一生懸命やった結果がスコアで出たから、それが偽物かそうでないかわかるね。相手に不足は一切ない。空中分解しないように頑張ります」
7つスコアを伸ばし、トップと1打差の2位タイに浮上した室田淳 日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ(2014)(3日目) 写真・PGA
7つスコアを伸ばし、トップと1打差の2位タイに浮上した室田淳 日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ(2014)(3日目) 写真・PGA 【拡大】
室田淳(2位タイ、通算11アンダー)
「全体的に良かったね。予選通るのが目標だったから(笑)。絶対という感じで打てないから、血迷っちゃいけないし、冷静にと、自分にね。2日続けて(ビッグスコアを)出すのは難しいでしょ。まあ、責任は果たしたし、いいゴルフができれば盛り上がるでしょう」

尾崎直道(2位タイ、通算11アンダー)
「今日は(5番の)ダボで折れかかったね。だけど、後半3アンダーで回れて良かった。明日は自分のコントロールだなあ。アイアンが飛ぶから大変。レギュラーツアーでは、断然室田さんのほうが成績いいけど、1日の勝負ならどう転ぶかってのもわかんない。それを楽しみにやっていくよ」

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ